ジェシカ・アイ vs サラ・カフマン戦の結果が覆った理由


UFC166でのサラ・カフマン戦で、僅差の判定勝利を飾ったジェシカ・アイですが、先日、テキサス州の認可・規制庁(TDLR)は、この試合をノー・デシジョンに変更することを発表していました。

その理由については、明らかにされていませんでしたが、TDLRは、MMAサイトのMMA Weeklyに対して、試合をノー・デシジョンに変更した理由を、アイから、ドーピング検査で、禁止薬物が検出されたからだと説明しています。

具体的に、どの禁止薬物が検出されたかについては、明らかにしてはいないものの、この件で、アイは、1875 USDを罰金として、支払うことになり、また、1年間の保護観察処分を課したことを、明らかにしています。(実際に、執行されるのは、この処分が決定した日からで、2014年の1月22日からの1年間になるようです。)

現時点で、アイは、2月22日に開催されるUFC170への出場が決まっていますが、今のところ、UFCは、試合カードの変更などの行動には動いていません。

アイは、ツイッター上で、

「信じてほしいが、自分は、処分を課せられてはいないし、予定通りに、2月22日に戦う予定だ。UFC、インターネット上の情報になんて、耳を傾けないでほしい。」

ジェシカ・アイ vs サラ・カフマン戦の結果が覆った理由 ジェシカ・アイ vs サラ・カフマン戦の結果が覆った理由 Reviewed by Hideki Azul on 2/04/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.