2014年3月20日木曜日

カーロス・コンディットも手術へ


UFC171の試合中に、膝を痛めてしまったカーロス・コンディットですが、検査の結果、前十字靱帯損傷及び半月板損傷だったようです。

コンディットのマネージャーによると、コンディットには手術が必要との事です。

「いつ復帰できるのか、どれくらいの期間リハビリをしていかなければならないのか、今の時点では、我々にも、わからない。ただ、我々は、カーロスが、最高の処置を受けれることを第一に考え、また、UFCと一緒に、手術の日程について、現在、調整を行っているところだ。カーロスはファイターだから、しばらくの間、戦えなくなるというのは、カーロスにとって、とても耐え難いものだ。ただ、彼は、とても素晴らしい精神力を持っているから、手術を行い、その後、一生懸命リハビリをし、復帰に向けて、がんばっていくつもりだ。」

http://www.mmaweekly.com/carlos-condit-joins-new-ufc-champ-johny-hendricks-as-fighters-headed-into-surgery