2014年3月12日水曜日

マイケル・チャンドラー「ドミニク・クルーズの闘志はまだ失われていない」


元UFC世界バンタム級王者のドミニク・クルーズは、先日、UFC169を欠場するきっかけとなった怪我から2ヶ月ぶりのトレーニング復帰を果たしましたが、チームメイトで元Bellator世界ライト級王者のマイケル・チャンドラーは、クルーズについて、

「彼は、今週、トレーニングに復帰したが、彼の調子はとても良い。無論、彼は、まだ、激しいスパーリングが出来る状態というわけではないが、グラップリングなどのトレーニングを始めたところだ。」

クルーズは、都度重なる怪我で、すでに、2年半という期間もの間、実践から離れている状態ですが、チャンドラーは、クルーズの苦境に関して、

「彼の闘志はまだ失われていない。彼にとってMMAとは、彼の人生そのものだった。しかし、怪我によって、彼が、実践を離れて、もうじき3年になる。その間、彼がかつて保持していたベルトも、返上しなければならなかった。このような困難に立ち向かってきた彼の精神力は、彼を、より良い人間に成長させてきた。彼は、いまだかつてないくらい高いモチベーションを保っている。彼は、自分こそが、バンタム級王者だということを、ファンに証明したいと思っている。」

http://www.mmafighting.com/2014/3/11/5498562/dominick-cruz-back-in-the-gym-as-he-eyes-ufc-return