2014年3月13日木曜日

ジェイク・シールズ「過小評価されている」


UFC171では、ロビー・ローラー vs ジョニー・ヘンドリックスのUFC世界ウェルター級王座決定戦がメインイベントとして行われる共に、セミファイナルでは、事実上の次期ウェルター級王座挑戦者決定戦と言われている、カーロス・コンディット vs タイロン・ウッドリー戦が行われます。

多くの注目は、この2試合に集中し、あまり他の試合カードは、脚光を浴びていない状況ですが、この4人のファイターのうち、3人をすでに倒した経験を持つファイターの試合も、UFC171のメインカードで行われる事になっています。

現在、UFC世界ウェルター級ランキング6位にランクしているジェイク・シールズは、UFC171で、ウェルター級ランキング12位のヘクター・ロンバートと対戦しますが、すでに、ウェルター級ランキング2位のカーロス・コンディット、3位のロビー・ローラー、11位のタイロン・ウッドリーの3者から勝利を挙げています。

元ストライクフォース王者は、もともと、コンディットかローラーとの対戦を望んでいましたが、UFCは、シールズに、ロンバート戦をオファー、すでにトップファイターから勝利を挙げているシールズにとって、勝ち続けている状況ながら、いまだに、タイトルマッチの話題にシールズの名前が出てこない現状は、悔しい思いでいっぱいのようです。

「自分の存在を見逃されているような気分だ。本当は、コンディットかローラーと戦いたかった。自分にとっては、コンディット戦の方が、もっと意義のある試合になっていたと思う。自分にとっては、(ロンバートより)イージーな相手だし、また、彼のほうが、ビッグネームで、ランクも上だ。自分は、コンディット戦を望んだが、UFCは、ヘクター戦をオファーしてきた。」

おそらく、シールズが、タイトルマッチに近づくことが出来ない大きな要因は、ファイトスタイルだと思われますが、事実、シールズの試合は、判定勝ちが多く、UFCでは、いまだに、相手をフィニッシュした試合がありません。

「トップファイターから2試合続けて勝利を奪うことが出来た。ヘクター戦では、相手をフィニッシュしたいと思っている。彼は、とてもタフだし、一発で相手をノックアウトすることが出来るファイターだ。タフな試合になると思うが、彼からは、誰が見ても明らかな勝ち方をしたい。自分は、これまで、多くのウェルター級、ミドル級のトップファイターたちを、倒してきた。ヘクター戦での勝利で、タイトルマッチのチャンスを手に入れることが出来ることを願っている」

シールズが、ヘクター戦で完勝するというのが絶対条件ですが、もし、ウッドリーが、コンディットを破り、また、ローラーが、ヘンドリックスを破るという展開になれば、シールズは、ウッドリーから勝利を挙げたばかりなのに加え、過去に、ローラーからも勝利を挙げているので、シールズのタイトル挑戦はとても現実味を帯びてきそうです。

「タイロンを破ったばかりだから、もし、彼が勝って、自分も、出来ればフィニッシュ、最低でも、ヘクターから完勝すれば、タイトルが見えてくると思う。ヘクターは、今まで、フィニッシュされた経験がないが、自分が最初に彼をフィニッシュ出来るファイターになれれば良い。」

http://msn.foxsports.com/ufc/story/jake-shields-overlooked-despite-wins-against-3-of-the-4-headline-fighters-at-ufc-171-031214