2014年3月16日日曜日

カーロス・コンディットは半月板を損傷している可能性があり


タイロン・ウッドリーとの試合中に膝を怪我してしまったカーロス・コンディットですが、コンディットのコーチによると、半月板を損傷している可能性があり、最悪、前十字靱帯損傷の可能性があるようです。

コーチによると、コンディットはこれからMRI検査を受け、どのような怪我の状態なのかを確かめていくようです。

ただ、この敗戦により、コンディットは、直近4試合の成績が1勝3敗となってしまいました。

http://mmajunkie.com/2014/03/coach-carlos-condit-suffered-small-meniscus-tear-and-possible-torn-acl/