2014年3月21日金曜日

ヘナン・バラオ「ハファエル・アスンサオンが次期挑戦者として相応しい」


UFC世界バンタム級王者のヘナン・バラオは、計画として、夏に試合をすることを目標としており、また、挑戦者には、ハファエル・アスンサオンが相応しいと考えているようです。

「現時点では、ハファエル・アスンサオンがトップコンテンダーだと思っている。彼は、順調に、実績を積み重ねており、彼が、タイトルマッチの挑戦権を得るべきだと思う。彼は、現在、6連勝中で、これまで、多くのファイターを倒してきた。ただ、もちろん、自分は、UFCが望んだ相手と戦うつもりだし、試合で、ベストを尽くせる様に、常に、準備を怠らないようにするだけだ。」

マイケル・マクドナルド戦、エディ・ワインランド戦では、暫定王者として臨んだ防衛戦でしたが、前回のユライア・フェイバー戦では、初めて、正規王者として試合に臨んだバラオ。正規王者になったことで、暫定王者というこれまでの微妙な立ち位置から開放されとてもハッピーなようです。

「(正規王者になれ) とてもハッピーな気分だ。正規王者になることは、自分の目標だったし、達成できて、とてもうれしい。これで、暫定王者という立ち位置についての質問もなくなるし、誰が、真の王者なのかという疑問についても解決することができた。」

UFC169の試合後に、3日間程の休暇を取ったというバラオですが、すでに、トレーニングに復帰しており、現在は、週6日トレーニングに時間を費やし、日々、精進しているようです。また、次戦について、バラオ自身の希望は、夏だそうです。

「対戦相手が誰であれ、6月の終わりごろか、7月の初めに戦いたいと思っている。」

http://mmajunkie.com/2014/03/renan-barao-targets-summer-return-sees-raphael-assuncao-as-most-deserving-contender/