マイケル・ビスピング「ビクトー・ベウフォートが試合欠場することになったのは、ドーピング検査にパスしなかったからだ。」


UFCミドル級ファイターのマイケル・ビスピングは、ビクトー・ベウフォートが、2月7日にネバダ州アスレチック・コミッションから課せられた事前のドーピング検査にパス出来なかったのが、UFC173で予定されていたクリス・ワイドマン戦を欠場することになった直接の原因だと信じているようです。

「自分は、FBIエージェントというわけではないが、彼は、最近、ネバダ州のコミッションにより、事前のドーピング検査を課せられていた。そして、その検査の後、すぐに、タイトルマッチを戦わないことを急に宣言しだした。事実関係を整理して、よーく考えれば、答えは明白だ。」

2月27日に、ネバダ州アスレチック・コミッションにより、TRTが禁止されることが発表された時、コミッションは、ベウフォートに対して、事前のドーピング検査を実施したことを明らかにしていました。

ベウフォートが言っていたように、TRT無しのコンディションを作るためには、時間が必要だから欠場に至ったのか、それとも、すでに、コミッションが、TRTを禁止する事を発表したときには、出場する事が困難な状態に陥っていたのか。

ちなみに、ベウフォートは、事前のドーピング検査は、ネバダ州で、ワイドマンと戦うにあたって必要なライセンスを取得するために不可欠な検査だった為に受ける必要があったが、欠場が決まり、ワイドマンと戦う必要がなくなった=ライセンスを取得する必要がなくなった今、2月7日のドーピング検査は意味を持たない、また、その結果内容を公表する気はない事を明らかにしています。

http://bleacherreport.com/articles/2008250-michael-bisping-its-pretty-obvious-vitor-belfort-failed-his-drug-test
マイケル・ビスピング「ビクトー・ベウフォートが試合欠場することになったのは、ドーピング検査にパスしなかったからだ。」 マイケル・ビスピング「ビクトー・ベウフォートが試合欠場することになったのは、ドーピング検査にパスしなかったからだ。」 Reviewed by Hideki Azul on 3/30/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.