2014年3月21日金曜日

Fox Sportsによるダン・ヘンダーソン vs マウリシオ・ショーグン・フア2の予想


今週末に、ブラジルで開催されるUFC Fight Night 38で行われるダン・ヘンダーソン vs マウリシオ・ショーグン・フアのリマッチ、前回の試合は、年間最高の試合とも、UFC史上最高の試合とも言われていましたが、Fox Sportsによるダン・ヘンダーソン vs マウリシオ・ショーグン・フア2の予想では、

スタンドアップ (立ち技)


ショーグンは、あらゆる面に、狙いをつけて、攻撃を仕掛けるが、いざ、ピンチに陥ると、ヘッドハンター (ラフな攻撃スタイル) へと様変わる。また、過小評価されているが、ショーグンは、実に52.4%の確立でパンチを当てることが出来る。一方のヘンダーソンは、太もも内側へのローキックを放った上で、Hボムを放つことを一番好きなコンビネーションとしてよく活用し、実に、48.2%の確立でパンチを当てることが出来る。

Fox Sportsは、ショーグン有利を予想

グラウンド


グラウンドでは関節技ではなく、パウンドを放っていくのを好むショーグン、また、ブラジリアン柔術の黒帯を会得している。ショーグンのサブミッション勝ちは一度だけだが、負けは、三度ある。

一方のヘンダーソンは、パウンドからフィニッシュに行く時以外は、グラウンドでは戦わず、スタンドアップでの試合を好む。また、サブミッション勝ちは二度あるが、負けは、三度ある。

Fox Sportsは、ショーグン有利を予想

パワー


PRIDE、UFC時代に築いたショーグンのノックアウトの数は15で、これは、ライトヘビー級のファイターとしては最多。

相手を粉砕してしまうほどのノックアウトパワーを持つヘンダーソン、ただ、最後に彼が相手をノックアウトしたのは、2011年のエメリヤーエンコ・ヒョードル戦。

Fox Sportsは、ヘンダーソン有利を予想

レスリング


テイクダウンオフェンス、ディフェンスの成功率は、共に、平均よりも低い数字のショーグン、39%のテイクダウンオフェンス成功率に、34.2%のテイクダウンディフェンス成功率を誇っています。

2度レスリングでオリンピックに出場した経験を持つヘンダーソンですが、MMAでのテイクダウンオフェンス、ディフェンスの成功率は、平均よりもやや上といった感じで、56%のテイクダウンオフェンス成功率に、61%のテイクダウンディフェンス成功率を誇っています。

Fox Sportsは、ヘンダーソン有利を予想

持久力


タフなファイターとして知られているショーグン、前回の試合からも、あまり時間が経っていないことを考えると、良いコンディションを保っている事が予想される。

3Rの試合では、コンディションに問題を抱えたことはないヘンダーソンだが、前回の5Rのショーグン戦では、後半のラウンドで、ガス欠を起こしてしまった。

Fox Sportsは、ショーグン有利を予想

ディフェンス


数字上では、ヘンダーソンをやや上回っているショーグンのディフェンス力、打撃に対しては、52.4%の確立で攻撃をかわし、また、17回のテイクダウンに対して、8回のテイクダウンを防いでいます。

一方のヘンダーソンは、キャリアにおいて、50%以上の確率で、相手の攻撃を受けてしまい、また、自分が相手に攻撃を当てるよりも、受けるほうが多いことが統計によって証明されています。

Fox Sportsは、ショーグン有利を予想

その他の要素


前回のヘンダーソン戦では、敗戦を喫しているショーグンですが、その判定結果には、納得がいっていないようで、その事が、今回のモチベーションになっていそうです。

現在、3連敗中、また、TRTが禁止されたことにより、43歳のヘンダーソンにとっては、今後のファイト人生の岐路に立たされていると思われます。

Fox Sportsは、ヘンダーソン有利を予想


Fox Sportsは、ショーグンの判定勝ちを予想。

個人的には、3Rまでなら、ヘンダーソン、試合が5Rまで持ち込まれるようだとショーグン勝利を予想です。

http://msn.foxsports.com/ufc/story/head-2-head-shogun-rua-vs-dan-henderson-032014