2014年3月18日火曜日

ジョニー・ヘンドリックス「一時は、UFC171を、欠場しようかと思った」


UFC171で、ロビー・ローラーを破り、新たなUFC世界ウェルター級王者に輝いたジョニー・ヘンドリックスですが、月曜日に放映されたMMA Hourの中で、トレーニングキャンプ中に負った怪我のせいで、一時は、欠場することも視野に入れていたことを、明らかにしました。

「試合の、1週間か、10日前に、肘を怪我してしまい、最悪なことに、試合の途中、1Rでも、また、同じ箇所を、パンチを打ち合っている最中に、傷めてしまった。

フックを放ったときに、何かがおかしと感じたが、いったい何が起きたのかは、具体的にはわからなかった。ただ、自分の肘が、脱臼してしまったような、そんな感じだった。試合では、その肘のせいで、テイクダウンもうまくいかなかった。」

また、試合を欠場することを考えていたかという問いに対しては、

「正直、考えていた。ただ、タイトルマッチは、自分にとって、とても重要だったから、出場することを決断した。」

http://www.bloodyelbow.com/2014/3/17/5520678/ufc-171-injured-elbow-champion-johny-hendricks-consider-quitting