2014年3月1日土曜日

UFC173を欠場することになったビクトー・ベウフォートのコメント


当初は、UFC173で、UFC世界ミドル級王者のクリス・ウェイドマンに挑戦する予定だったビクトー・ベウフォートですが、自身のFacebookページ上で、今後は、TRTを使用せずに戦いに臨む事、また、ウェイドマン vs リョート・マチダ戦の勝者と対戦するというコメントを残しています。

「メディアで語られているように、UFC173の試合を、自分から諦めたという事実はない。自分が、メディアに語った事は、TRTを使用せずに、ウェイドマン戦に臨むとコメントしただけであって、ウェイドマンに挑戦するのを諦めたと言う事は、言っていない。ただ、UFCの、ネバダ州アスレチック・コミッションが新しく設定したルールに、自分の体が対応するには、時間がかかるという判断から、ウェイドマンに対して、新たな挑戦者を用意する決断がされた。しかし、UFCは、自分が、ウェイドマン vs マチダ戦の勝者と対戦する事を、約束してくれた。こんな事が起きてしまって、とても、残念だ。」

http://mmafrenzy.com/100463/vitor-belfort-issues-his-own-statement-concerning-fighting-future/