ティモシー・ブラッドリーのスローダウンの原因はふくらはぎの怪我の影響


ティモシー・ブラッドリー vs マニー・パッキャオ 2の前半は、パッキャオを圧倒、または、互角に戦うことに成功していたティモシー・ブラッドリーですが、後半になると、ペースが、ガクッと落ちてしまっていました。ESPNによると、ブラッドリーの、このスローダウンの原因は、1Rに、ふくらはぎを痛めてしまった事に原因があったようです。

「敗戦について、何も、言い訳するつもりはないし、言い訳することで、パッキャオの勝利に、泥を塗る気もない。自分の身に、何が起きたか、何も、語りたいとは思わない。自分は、今回の負けを、男らしく、認めなければならない。」

ブラッドリー自身は、原因について、直接言及することを拒否したものの、ブラッドリーのトレーナーのジョエル・ディアズは、

「1Rを終えてコーナーに帰ってきたティムは、”おそらく、右のふくらはぎを痛めてしまった”と言って来た。だから、彼の、ふくらはぎの、痛みを和らげようとマッサージし始めたが、彼は、試合中を通して、とても辛そうだった。」

http://sports.inquirer.net/150497/bradley-no-excuses-despite-calf-injury
ティモシー・ブラッドリーのスローダウンの原因はふくらはぎの怪我の影響 ティモシー・ブラッドリーのスローダウンの原因はふくらはぎの怪我の影響 Reviewed by Hideki Azul on 4/14/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.