オスカー・デ・ラ・ホーヤ「全盛期だったらフロイド・メイウェザー・ジュニアを倒すことが出来た。」


ボクシングレジェンドのオスカー・デ・ラ・ホーヤは、キャリアの終盤ではなく、もし、全盛期に、フロイド・メイウェザー・ジュニアと戦っていたら、彼を倒すことが出来たと、インタビューで告白しました。

2007年に、メイウェザーと対戦した当時34歳のデ・ラ・ホーヤは、116-112、115-113、115-113と2人のジャッジがメイウェザーを支持、1人のジャッジがデ・ラ・ホーヤを支持する2-1の僅差の判定負けを喫していました。

「フロイド・メイウェザーは、最高のファイターだから、誰も、彼の牙城を崩すことが出来ないでいる。なぜ、彼が、45回戦って、一度も負けたことがないのか、これは、自分の経験上の事だが、それは、彼は、つかみどころがなく、(対戦相手が)パンチを当てるのに、とても苦労するからだ。だけど、自分がもう少し若い時に、対戦していれば、彼を倒す事が出来たと思う。」

http://www.boxingnews24.com/2014/04/de-la-hoya-i-would-have-beaten-mayweather-if-i-was-younger/
オスカー・デ・ラ・ホーヤ「全盛期だったらフロイド・メイウェザー・ジュニアを倒すことが出来た。」 オスカー・デ・ラ・ホーヤ「全盛期だったらフロイド・メイウェザー・ジュニアを倒すことが出来た。」 Reviewed by Hideki Azul on 4/17/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.