ジェイク・シールズのマネージャー「今回の解雇の件はこのスポーツの特質だと思う。」


岡見勇信やジョン・フィッチの時のように、たった一度の出来の悪いパフォーマンスで、UFCから解雇されてしまったジェイク・シールズ、今回のUFCの決定に対して、シールズのマネージャーは、MMA Hourの中で、

「当然のことながら、ジェイクは、今回のUFCの解雇という判断に対して、失望している。彼は、長年に渡って、王者に君臨し、タイトル戦を戦い、トップファイターのひとりとして位置づけられてきた。また、ヘクター・ロンバートに負けを喫するまでは、4連勝だったこともあり、今回の、UFC解雇の知らせには、彼は、とても驚いていた。ただ、彼は、これからも、前に進んでいくだけだ。

たった一度の負けで、解雇される事には、とても驚いた。GSPが引退した後、ウェルター級の状況を見た時に、我々は、正直言って、ジェイクが、タイトルコンテンダーになれると考えていた。ジェイクは、すでに、タイロン・ウッドリー、カーロス・コンディット、デミアンマイアなど、何人かのタイトルコンテンダー候補を倒していたし、ロンバート戦で、強い印象を与えることが出来れば、タイトルに挑戦できると考えていた。

ただ、(今回の解雇の件は)このスポーツの特質だと思う。良いパフォーマンスをすれば、タイトル戦、逆に、悪いパフォーマンスをすれば、新しい仕事先を探す必要がある。

彼のために、UFCと話し合いの場を持とうとがんばったが、UFCは、考えを改める気がなかった。」

(抜粋)

また、現時点で、シールズは、Titan FCと、ベン・アスクレンとの対戦を餌にONE FCからのオファーがきているようです。

http://www.mmafighting.com/2014/4/7/5591336/manager-reacts-to-jake-shields-abrupt-ufc-release-it-just-shows-you
ジェイク・シールズのマネージャー「今回の解雇の件はこのスポーツの特質だと思う。」 ジェイク・シールズのマネージャー「今回の解雇の件はこのスポーツの特質だと思う。」 Reviewed by Hideki Azul on 4/08/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.