ステファン・ストルーフェの復帰へ青信号


昨年、心臓病を患っていることを公表し、それ以来、長期戦線離脱を余儀なくされているステファン・ストルーフェですが、どうやら、復帰への道が開かれたようです。

USA Todayによると、UFCヘビー級ファイターのストルーフェは、医師から復帰へのゴーサインが出されたことを明らかにしています。

「今は、UFCと共に、出場許可を申請する為の問題を片付けているところだ。自分は、医師からの手紙や医療記録などのすべてをUFCに提出し、現在は、UFCが、最終的な手続きを行ってくれている。」

ストルーフェは、昨年の8月に、大動脈弁の逆流と心肥大と診断され、長期休養を余儀なくされていました。

「大動脈弁が繋がっている左心室の大きさが、通常よりも大きくなっていた結果、高血圧を引き起こしていた。ただ、それを治す薬を処方してもらった結果、現在は、左心室の大きさは、以前よりも、小さくなり、大動脈弁も、小さくなった。

通常、心室が大きくなってくると、大動脈弁も大きくなるもので、これは、アスリートには、よく起こる事だが、ただ、自分の場合は、大動脈弁が、大きくなったが、心室は、そのままだったから、血液の漏れ(逆流)が起きてしまった。

しかし、今は、大動脈弁を小さくすることに成功したので、うまく閉じる(血液の逆流を防止する)事が出来るようになった。」

再び、血液の循環がうまくいくようになった事で、ストルーフェは、試合への復帰の許可を、今月中に取れることを望んでいるようです。

「試合がしたい。トレーニングキャンプへ行く準備はできている。2ヶ月か3ヵ月後には、試合が出来るはずだ。」

すでに、トレーニングに復帰しているストルーフェは、ハードなトレーニングを開始できることに興奮を隠すことが出来ない状態で、また、自身の健康状態が100%の今、欠場前の自分よりも、優れたパフォーマンスが出来ると信じているようです。

「以前は、心臓病を抱えていたこともあり、自分の体の60-70%が機能していたという状態だった。ウイルスに感染しやすく、病気がちだった。自分の体の状態は、とても最悪だったが、やっと、100%になって戻ってくることが出来た。」

http://mmajunkie.com/2014/04/ufc-heavyweight-stefan-struve-cleared-by-doctors-to-return-from-heart-condition/
ステファン・ストルーフェの復帰へ青信号 ステファン・ストルーフェの復帰へ青信号 Reviewed by Hideki Azul on 4/09/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.