UFC アブダビ大会 主要MMAサイト予想 川尻達也 vs クレイ・グイダ編


今週の金曜日に開催されるUFCアブダビ大会の予想が、MMAサイトに掲載されていたので、まとめてみました。

アブダビ大会のセミファイナルカードは、 現在、UFCフェザー級ランク12位の川尻達也と、9位のクレイ・グイダの対決になります。

前回の試合で、UFCフェザー級ランク1位のチャド・メンデスより、初のTKO負けを喫し、直近4試合が1-3のグイダは、この試合では、是が非でも勝利が必要な状況です。

一方の川尻選手は、1月のシンガポール大会で、UFCデビューを飾り、ショーン・ソリアーノから、サブミッション勝ちを収め、現在、6連勝中です。

MMA Maniaによる予想

両者ともに、ハイペースで、試合を進めたがる傾向を持っている。試合開始直後は、スタンディグの攻防となり、ここでは、川尻のパワーが物を言う。グイダが、キャリアを通して、4つのノックアウト勝ちを持っているのに対して、川尻は、12回のノックアウト劇を魅せてきている。ただし、キャリア12年間で、TKO負けは一回だけと、そのタフさが持ち味のグイダを過小評価することは出来ない。パワーでは、川尻に軍配が上がるが、スピードという点では、グイダに、一日の長がある。グイダは、得意のフットワークを生かし、近づいたり、離れたりしながら、攻撃を仕掛けてくるだろう。もし、手数で、勝ることが出来れば、ジャッジは、グイダを支持することになる。

サブミッションに関して言えば、グイダは、キャリアを通して15回のサブミッション勝ちがあり、一方の川尻が、タップアウト負けを喫したのは、3回だけだ。もし、グイダが、レスリング力を駆使して、川尻をグラウンドに引き込むことに成功し、マウンドポジションを奪うことが出来れば、グイダは、そこから、サブミッションを狙うことも可能だろう。

しかし、ここで忘れてはいけないのは、川尻自身も、レスリングを苦手としていないという点だ。彼にも、キャリアを通して10回のサブミッション勝ちがあり、グイダは、6回、タップアウト負けを喫している。その為、テイクダウンを仕掛け、トップポジションを狙うのは、グイダだけではない。

両者ともに、この試合では、印象を残す必要がある。グイダの場合、これ以上負け続けると、いくら、ファイトスタイルが、ファンから人気を博しているとしても、今のUFCでは、解雇の可能性は、十分にありえる。その一方で、川尻にとっては、UFCでの地位を確立するためにも、負けられない試合だ。

グイダは、UFC史上、最もエキサイティングなファイターのうちのひとりであることに、疑いの余地はないが、最近の試合では、かつてのような闘いを見せることが出来ていない。その一方で、ギルバート・メレンデス戦以来、負けなしの6連勝を続けている川尻、たとえ、対戦相手は、格下だとしても、その勢いは、誰も止めることが出来ないほどだ。

この試合は、一進一退の攻防になると思うが、お互いに、経験豊富で、タフであるということを考えると、KO決着は、考えにくい。確かに、グイダには、スピードというアドバンテージがあるが、勢いという点からも、川尻にやや軍配が上がると考えている。

予想: 川尻が僅差の判定勝ち

Sherdogによる予想

UFCデビュー戦となったソリアーノ戦で、勝利を挙げた後に行われたインタビューで、次は、強い相手との対戦を希望していると語っていた川尻、UFCは、川尻の願いどおりに、トップ10ファイターのグイダを用意した。

ハイペースで戦うことを好み、レスリング等を駆使し、常に相手にプレッシャーを与え続ける事が出来るグイダ、もし、テイクダウンに失敗し、マウンドポジションを奪うことが出来なければ、グイダにとっては、長い夜が待っていそう。グイダのスタンドアップは、パンチ力があるわけでもなく、それに加えて、それほど、パンチを当てる確立が、高いとは言えない。また、コンビネーションは散発的で、フットワークは、やや、ぎこちない感じ。その為 (それほど、立ち技を得意としていないグイダにとって) 、スタンドアップよりも、グラウンドでのパウンドを大得意としている川尻とのマッチアップは、幸運なことかもしれない。

川尻は、フェザー級転向以降、負けなしの5連勝、フィジカルも、階級を下げたことからの影響を受けていないと思われる。トップポジションからは、とてもアグレッシブに、パウンドやサブミッションで、攻めていくことが出来るが、川尻にとって、この試合のキーは、グイダのペースについていくことが出来るかどうか。特に、最近のグイダの戦い方は、相手を、イライラさせることが多く(例えば、デイナ・ホワイトは、グレイ・メイナード戦での、グイダの消極的な戦い方を批判していました。)、川尻が、レスリングを、有効的に使わしてもらえない可能性もある。

予想: もし、この試合が、川尻の全盛期に行われたのであれば、彼が勝つだろうが、グイダは、常に、タフな相手と競い合っていて、彼を、コントロールするのは、とても至難の業だと知ることになるだろう。試合は、一進一退の攻防の後、グイダが、辛うじて、判定で勝つだろう。

Bleacher Reportの予想

スコット記者

ストライキングは川尻に軍配が上がるが、グラップラーとしては、同じレベルだ。ただ、グイダのほうが、身体能力という点で勝っている。グイダが、川尻をテイクダウンし、ゲームをグラウンドに持ち込むか、壁際に追いやったうえで、攻撃を仕掛け、判定の勝利を手にするだろう。

予想: グイダの判定勝利

ショーン記者

最近のグイダは、良い所を見せれてはいないが、彼のレスリング力は、フェザー級、ライト級でトップクラスだ。川尻も、グイダと同じように、フェザー、ライト級、両方の部門で成功を収めており、この試合は、接戦になるだろう。試合は、3Rまで、もつれる可能性もあり、もしそうなれば、持久力で勝るグイダが勝利するチャンスが広がるだろう。

予想: グイダの判定勝利

ライリー記者

ジャクソンズMMA入りする前のグイダは、学校で出会えば、決して逆らいたくない生徒という感じだった。彼は、ベストファイターというわけではなかったが、対戦相手をことごとく、悪く印象付ける事に成功していた。ただ、ジャクソンズMMA入りしてからのグイダは、かつてのように、アグレッシブな闘いは、鳴りを潜めている。川尻にとって、グイダの体力を消耗させる事は、至難の業だが、試合は、川尻が勝利を収め、一気に、タイトルコンテンダーに、上り詰めていくだろう。

予想: 川尻の判定勝利

クレイグ記者

最近は、川尻のほうが、調子が良い様に見える。ただ、彼の対戦相手は、UFCファイターのレベルと比べると、やや見劣る。グイダならば、プレッシャーをしっかり掛けることが出来、川尻の攻撃をシャットダウンすることに成功し、ジャッジに対して、十分な印象を残すことが出来るだろう。

予想: グイダの判定勝利

http://www.mmamania.com/2014/4/9/5598012/ufc-fight-night-39-card-clay-guida-vs-tatsuya-kawajiri-fight-preview
http://www.sherdog.com/news/articles/2/UFC-Fight-Night-40-Preview-66327
http://bleacherreport.com/articles/2023716-ufc-fight-night-39-bleacher-report-main-card-staff-picks/page/5
UFC アブダビ大会 主要MMAサイト予想 川尻達也 vs クレイ・グイダ編 UFC アブダビ大会 主要MMAサイト予想 川尻達也 vs クレイ・グイダ編 Reviewed by Hideki Azul on 4/10/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.