キーラ・グレイシーは母親になってもUFCで戦うという目標に狂いなし


現在、妊娠中で、少なくとも、今年一杯は、実戦から遠ざかることを表明しているキーラ・グレイシーですが、母親になっても、自身の格闘家としてのゴールは、UFCで戦う事に変わりはないようです。

これまで、5度、柔術で世界王者に輝き、3度、ADCCで優勝しているキーラは、現在、有名ブラジル人俳優のマルヴィノ・サルヴァドール氏との間の子供を妊娠しており、出産を終えた後に、トレーニングに復帰する計画を立てています。


「今、妊娠中だから、今年一杯は、競技に復帰することは出来ない。これまで、柔術では、すべての目標を達成することが出来た。今の自分は、ムンディアルやADCCで戦うことを、ターゲットにはしていない。それに、柔術の試合に戻るとしても、スーパーファイトだけだ。今は、新しく産まれてくる子供のことだけに集中しているが、私の気持ちは、柔術ではなく、MMAへと傾いている。

MMAで戦うということは、常に頭の中にある。まずは、小さな団体で戦い、経験を積んだ上で、UFCで戦いたいと思っている。

母親になっても、高いレベルで、競技を続けているアスリートは多くいる。妊娠期間中も、フィジカルトレーニングや、栄養バランスに気をつけながら食事をしていけば、早期復帰する事も可能だと思う。」

http://www.mmafighting.com/2014/4/6/5582386/kyra-gracie-still-targets-ufc-career-after-pregnancy
キーラ・グレイシーは母親になってもUFCで戦うという目標に狂いなし キーラ・グレイシーは母親になってもUFCで戦うという目標に狂いなし Reviewed by Hideki Azul on 4/06/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.