アリスター・オーフレイムがブラックジリアンズに居るには弱すぎた?


ブラックジリアンズのメンバーのひとりであり、柔術で世界王者に3度輝いているギルバート・バーンズによると、アリスター・オーフレイムがブラックジリアンズを離れた理由は、彼が弱すぎたからだとコメントしています。

「練習中、オーフレイムは、グト・イノセンチにスタンドで、ボコボコにされた結果、彼はブチキレて、グトをテイクダウンし、グトは、もともと傷めていたほうの膝ではなく、もう一方の膝を傷めてしまい、結果、両方の膝を損傷することになった。グトが、長期戦線離脱中の理由は、オーフレイムの責任だ。皆、オーフレイムに対して怒り狂い、結果、彼は、チームを離れてしまった。ただ、彼が、チームを離脱してくれた結果、チームの雰囲気は良くなり、チームは、再び、結果を残せるようになった。彼がチームを離脱してくれて神に感謝している。

彼は自惚れ屋だ。彼はタフなのかもしれないが、無敵というわけではない。自分は、彼が、トレーニング中に、アンソニー・ジョンソンやラシャド・エヴァンス、ビクトー・ベウフォート、タイロン・スポーンらに、ボコボコにされているのを見てきた。」

グトは、UFCと契約し、2013年の12月にUFCデビューを飾る予定でしたが、怪我によりデビュー戦が延期になっていました。

グトは、この件について、

「オーフレイムとキックボクシングのスパーリングをしていた。自分が、彼を攻め立てていたら、彼が、突然、テイクダウンしてきた。」

と説明しています。

http://www.bjpenn.com/blackzilian-says-overeem-got-beat-up-too-much-and-left-the-team/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+bjpenndotcom+%28BJPENN.COM+MMA+NEWS+BLOGS%29
アリスター・オーフレイムがブラックジリアンズに居るには弱すぎた? アリスター・オーフレイムがブラックジリアンズに居るには弱すぎた? Reviewed by Hideki Azul on 5/08/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.