ビクトー・ベウフォートが2月のドーピング検査に引っかかっていたことを認める


6月17日に、試合出場のライセンスを取得するために行われる公聴会を前に、ビクトー・ベウフォートが、2月に行われたドーピング検査に、引っかかっていたことを認めました。

当初、5月24日に行われるクリス・ワイドマン戦に出場する予定だったベウフォートですが、ベウフォートは、2月7日に行われた抜き打ち検査で、基準値よりも遥かに高いテストステロン値を叩き出していた事を、今回、初めて、公に、認めました。

この直ぐ後に、ネバダ州のアスレチック・コミッションは、テストステロン補充療法を禁止することを決定、UFCは、ベウフォートの体が、テストステロン補充療法抜きの生活に慣れるには時間が必要と判断し、ベウフォートを、ワイドマン戦から外していました。

http://www.mmaweekly.com/vitor-belfort-admits-to-elevated-testosterone-level-provides-explanation-and-test-results
ビクトー・ベウフォートが2月のドーピング検査に引っかかっていたことを認める ビクトー・ベウフォートが2月のドーピング検査に引っかかっていたことを認める Reviewed by Hideki Azul on 6/07/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.