チェール・ソネンが抜き打ちのドーピング検査に引っかかる


チェール・ソネンが、UF175に向けた抜き打ちのドーピング検査に引っかかっていたことを報じられています。

ソネンは、この件について、FOX Sportsの番組の中で、

「禁止された薬物と違法な薬物の二つには大きな違いがある。薬物の中には、合法なものもある。それらは、決して、PED(パフォーマンス向上薬)でも、筋肉増強剤でも、いかなるステロイド剤でもない。ネバダ州アスレチックコミッションが、最近、薬物に関してのルールを変更したため、自分が、そのルールに従わなければならないという事は理解しているが、ただ、体の中から、ルール外の薬物を、はっきりと、無くす為には時間がかかる。なかには、健康的な生活を送るために処方されている薬もある。もし、ネバダ州アスレチックコミッションが、自分の健康とMMAのどちらを取るのかと聞いてくれば、自分には選択の余地はない。健康を選ぶだけだ。

ネバダ州アスレチックコミッションが、テストステロン補填療法を禁止したから、他の禁止された薬物を使用せざるを得なかった。今は、テストステロン補填療法を送っていた生活から無しの生活を送るための移行期間だ。自分は合法な薬、クロミフェンとHCG、をテストステロン値を上げる為に使用している。これらは、排卵誘発剤としても使われている。自分は受精率に問題を抱えていた。結果として、自分たちは、受精に成功したが、正直、こんな事は、誰にも言いたくはなかった。自分は、排卵誘発剤を使用していたが、これらは、違法な薬物でもないし、パフォーマンス向上薬でもない。

ただ、自分が使用している薬物が禁止されていたのは知っている。ただ、これだけは理解してほしい。もし、こんな事が、試合の日に起きたのであれば、こんな言い訳はしない。試合の日には、いかなる禁止薬物も使用することはできない事を知っている。審議会では、試合の日と、それ以外の日では、大きな違いがあるという点について訴えていきたい。」

http://www.bloodyelbow.com/2014/6/10/5798806/ufc-chael-sonnen-failed-drug-test-perfectly-legal-substances-mma-news
チェール・ソネンが抜き打ちのドーピング検査に引っかかる チェール・ソネンが抜き打ちのドーピング検査に引っかかる Reviewed by Unknown on 6/11/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.