ジェレミー・スティーブンス vs カブ・スワンソン戦が次期挑戦者決定戦へ


2007年より、UFCで戦い続け、これまで、18試合をこなしてきたジェレミー・スティーブンスですが、8年目にして、ようやく、タイトルコンテンダーの地位を手に入れた模様です。

UFC参戦後は、浮き沈みが激しいキャリアを経験してきたスティーブンス、しかし、フェザー級に階級を転向して以降は、負けなしの3連勝、タイトル挑戦まで、あと一歩の所まで、登り詰めてきました。

デイナ・ホワイトは、MMA Junkieのインタビューに対して、おそらく、スティーブンス vs カブ・スワンソン戦の勝者が、次期フェザー級タイトル挑戦者になるだろうとコメント、スティーブンス自身も、UFCから、同じような事を聞かされていることを認めています。

「UFCからは、この試合の勝者が、次期挑戦者になるという事を、何度も聞かされている。ただ、同時に、この世界に、100%なことは、何一つないことも、理解している。もし、この試合のパフォーマンスが悪ければ、挑戦権を得ることは出来ないだろう。しかし、相手は、カブ・スワンソンだから、この試合が、つまらない試合になる事は、到底考えられない。

おそらく、この試合は、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト、もしくは、ファイト・オブ・ザ・ナイト、さらには、ファイト・オブ・ザ・イヤー候補の試合になるのではと思っている。スタイル的にも、スワンソンと自分のスタイルは、とても相性が良いと思うし、この試合は、文字通り、闘い、になると思う。」

また、もし、タイトル戦に挑戦する事が出来るのであれば、出来れば、ホゼ・アルドと対峙したいようです。

「出来れば、チャド・メンデスではなく、アルドと戦いたい。彼は、長い間、フェザー級を席巻してきた。彼は、長期間に渡って、皆からターゲットにされていたのに、誰も、彼の事を倒すことは出来なかった。もし、自分が、その役目を仰せ付かる事が出来るのであれば、最高だ。彼をノックアウトして、アルドを倒した男として、記憶に残りたい。ただ、もちろん、自分が、タイトルに挑戦する時に、彼が、王者なのか、どうかは、わからない。自分は、メンデス vs アルド戦の勝者と戦うだけだ。」

http://mmajunkie.com/2014/06/ufc-fight-night-44s-jeremy-stephens-told-to-expect-title-shot-with-win
ジェレミー・スティーブンス vs カブ・スワンソン戦が次期挑戦者決定戦へ ジェレミー・スティーブンス vs カブ・スワンソン戦が次期挑戦者決定戦へ Reviewed by Unknown on 6/25/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.