BJペン「常日頃から、ドーピング違反をしているファイターがいると思っていたが、自分が正しかった」


常日頃から、現在よりも、さらに厳しいドーピング検査の導入を要求してきたBJペン。

先日、チェール・ソネンが、ドーピング検査で、ヒト成長ホルモンとエリスロポエチンの陽性反応を示したことは、いくつかの理由から、大きな反響を呼んでいましたが、その中でも、最も大きなの理由のひとつが、ヒト成長ホルモン等は、血液検査を行ったとしても、見つけるのが、とても難しいとされてきたからでした。

BJは、このドーピング検査の進化について、興奮を隠し切れない様子で、このスポーツが、一日も早く、クリーンなスポーツになることを、心から願っているようです。

「ドーピング検査で、ヒト成長ホルモンやエリスロポエチンを検出することが出来るようになったなんて、最高の気分だ。常日頃から、ファイターは、ステロイドだけでなく、ヒト成長ホルモンやエリスロポエチンなどのドーピング違反をしていると思っていたが、自分が正しかった。このドーピング検査の進化によって、やっと、公平な戦いをする事が出来ると思うと、とても満足した気分になる。

チェール・ソネンとは、個人的な付き合いがあるが、このような結果になって、とても残念な気持ちだ。ただ、もし、このスポーツの将来や、ファイターの安全性などを気にかけたいのであれば、ドーピング問題は、とても重要な問題だ。だからこそ、自分は、これからも、この問題について、常に、提議していきたい。」

http://msn.foxsports.com/ufc/story/b-j-penn-i-ve-always-suspected-fighters-were-doing-hgh-and-epo-063014
BJペン「常日頃から、ドーピング違反をしているファイターがいると思っていたが、自分が正しかった」 BJペン「常日頃から、ドーピング違反をしているファイターがいると思っていたが、自分が正しかった」 Reviewed by Hideki Azul on 7/01/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.