UFC 174のPPV数はBellatorのPPV数を同等かわずかに下回る結果に


ここ最近、UFCのPPV件数の低迷が囁かれていますが、特に、アンデウソン・シウバ、GSPなき後のPPV件数は、酷い物となっています。

そんな状況の中、UFCは、新たなスターを作り出していこうと、例えばUFCフライ級王者のデメトリアス・ジョンソンを、何度もメインイベントに据えることで、スターパワーを向上させていく努力をし、また、ジョンソン本人も、そんなUFCの期待にこたえるように、昨年は、出場する各大会で、それぞれ、ファイト・オブ・ザ・ナイト、サブミッション・オブ・ザ・ナイト、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得する活躍をみせ、素晴らしい結果を残してきました。

しかし、そんな努力も、結果に結びつくことはなかったようです。

UFC174で、無名のアリ・バガウティノフを相手に、4度目の防衛戦を行ったジョンソンですが、MMAFighting.comによると、UFC 174のPPV数は、約9万5千件から11万5千件の間だと予想されていて、これは、2005年にUFC53で記録した9万件以来の低い数字だったようです。


また、バガウティノフは、ドーピング検査で、エリスロポエチン(赤血球の増加効果を持ち、筋肉への酸素供給量を高め、スタミナ、持久力、また、乳がんの発生や増殖に関与しているエストロゲンのはたらきを抑制するアナストロゾールを向上させる事が出来る)が検出されていたことが明らかになっており、UFCにとっては、UFC174は、いろんな意味で、散々な結果に終わったといえます。

ちなみに、バガウティノフは、1年間の出場停止処分が課せられた模様です。

http://www.mmamania.com/2014/7/10/5889255/report-ufc-174-ppv-buys-worst-modern-era-johnson-bagautinov-mma
UFC 174のPPV数はBellatorのPPV数を同等かわずかに下回る結果に UFC 174のPPV数はBellatorのPPV数を同等かわずかに下回る結果に Reviewed by Hideki Azul on 7/11/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.