デイナ・ホワイト「クリス・ワイドマン vs ビクトー・ベウフォート戦はブラジルで行いたい」


UFC Fight Night ダブリン大会の前日計量後に行われた記者会見の場で、デイナ・ホワイトは、クリス・ワイドマンの次期防衛戦について、ビクトー・ベウフォートを挑戦者に据え、ブラジルで行いたい意向を持っている事を明らかにしました。

「ワイドマンはベウフォートと戦いたがっているし、我々も、この試合を実現させたいと思っている。だから、クリス・ワイドマンの次期防衛戦の相手は、ビクトー・ベウフォートになるだろう。この試合は、リョート・マチダ戦の前に、実現されるべき試合だった。」

ベウフォートは、元々、5月24日に、UFC173で、ワイドマンに挑戦する予定でしたが、2月27日に、ネバダ州のアスレチック・コミッションが、テストステロン補充療法を禁止したことを受け、テストステロン補充療法を受けて、試合に臨んでいたベウフォートには、テストステロン補充療法なしの体にするまでの移行期間が必要だろうと、UFCにより、出場を見送られるという処置が取られていました。

ただ、その決定が下される前に行われた抜き打ちのドーピング検査で、基準以上のテストステロン値が検出され、現在までに、ネバダ州のアスレチック・コミッションより、出場許可が下りていないベウフォートが、どのような状況に置かれているかなど、不透明な部分もあり、ワイドマン vs ベウフォート戦の実現には、リスクがありますが、そのようなリスクを差し置いても、デイナは、ワイドマン vs ベウフォート戦を、実現させていきたい模様のようです。

「ラスベガスで開催されなくても良い。ブラジルで行えば、かなり大きな反響を得ることが出来るだろう。もちろん、ベウフォートは、先に、ネバダ州のアスレチック・コミッションとの、問題を解決させる必要があるが、我々は、この試合を、ブラジルで、実現させたいと思っている。」

ということで、この試合を実現させるには、まず、ベウフォートが、ネバダ州のアスレチック・コミッションの抜き打ちのドーピング検査をパスすることが、必要になってきそうです。

http://www.mmaweekly.com/dana-white-wants-to-do-chris-weidman-vs-vitor-belfort-in-brazil-but-nevada-has-to-okay-the-fight-first
デイナ・ホワイト「クリス・ワイドマン vs ビクトー・ベウフォート戦はブラジルで行いたい」 デイナ・ホワイト「クリス・ワイドマン vs ビクトー・ベウフォート戦はブラジルで行いたい」 Reviewed by Hideki Azul on 7/19/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.