ルーク・ロックホールド「クリス・ワイドマンが出来なかった事を、自分が成し遂げれれば、タイトルに挑戦出来る。」


リョート・マチダと戦うことに関して、光栄だという事を明らかにする一方で、手っ取り早くタイトル戦の挑戦権を得る為にも、自身の希望は、ジャカレイ・ソウザ vs ゲガール・ムサシ戦の勝者との対決というルーク・ロックホールド。

しかし、例え、マチダとの対決が決まったとしても、もし、ロックホールドが、クリス・ワイドマンでさえ成し遂げれなかった事を、マチダ戦で成し遂げる事が出来れば、ソウザ vs ムサシ戦の勝者との挑戦者決定戦を経ずに、即、タイトルに挑戦という運びになりそうです。

ロックホールドは、Submission Radioとのインタビューの中で、

「リョートの事は、とても素晴らしいファイターだと思うし、彼には、尊敬の念しかない。だから、そんなリョートと戦うことは、光栄だ。自分もこの試合に興味を持っていて、UFCに、自ら、このマッチアップを、提案したくらいだ。

だから、リョートと戦うことに関して、何の問題もないが、ただ、正直に言うと、自分の第一希望は、ソウザ vs ムサシ戦の勝者と戦う事だ。ソウザ vs ムサシ戦の勝者と戦う事で、No.1コンテンダー決定戦を行うことが可能になる。

しかし、その一方で、リョートと戦い、クリス・ワイドマンが出来なかった事、リョートをフィニッシュすることが出来れば、話は、別になってくる。リョートを、フィニッシュすることで、声を大にして、自分こそが、No.1コンテンダーだと言う事が可能になる。ソウザ vs ムサシ戦の勝者との挑戦者決定戦を経ずに、タイトルに挑戦する事が可能になってくる。だから、自分は、どちらのケースでも、うまく対応していくことが可能だと考えている。後は、UFC次第だ。」

http://www.mmamania.com/2014/8/13/5995549/ufc-luke-rockhold-open-to-lyoto-machida-fight-finish-him-chris-weidman-couldnt-mma
ルーク・ロックホールド「クリス・ワイドマンが出来なかった事を、自分が成し遂げれれば、タイトルに挑戦出来る。」 ルーク・ロックホールド「クリス・ワイドマンが出来なかった事を、自分が成し遂げれれば、タイトルに挑戦出来る。」 Reviewed by Hideki Azul on 8/14/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.