ハファエル・ドス・アンジョス 「打撃面で自分の方に分があるのはわかっていた」



大方の予想を覆し、見事、ベンソン・ヘンダーソンをノックアウトし、番狂わせをみせたハファエル・ドス・アンジョスですが、ドス・アンジョス自身は、世界的に有名なコーチであるハファエル・コルデイロの元でトレーニングを積む彼の方が、ベンソンよりも、打撃の面で、分があることは、わかっていたようです。

「自分にとっては、初めてのメインイベントであり、また、5Rの試合だったから、5Rフルで戦う気できた。

自分のゲームプランは、慎重かつ、アグレッシブに、打撃を繰り出していくことだったが、自分は、多くの時間を、打撃の練習に費やしてきたこともあり、自分の打撃には、自信があった。

試合では、そのゲームプラン通りに、上手く試合を運ぶことが出来たと思う。」

この試合の勝利で、タイトル戦線に再び浮上してきたドス・アンジョスですが、この試合が、ここ4か月で、3試合目となった彼にとっては、タイトル戦よりも、家族との時間の方が大事なようで、今後は、しばらく、試合から離れ、家族との時間を優先していくつもりのようです。

「今、自分の将来のキャリアについて考えることは出来ない。これからは、少しの間、家族との時間を優先させていくつもりだ。ただ、その休養の後、誰と戦うかは、UFC次第だ。」
 

(もし視聴出来ない場合は、下記のリンクから視聴して下さい。ロケーションをアメリカにする必要があります。)
http://www.proxfree.com/

http://www.mmaweekly.com/rafael-dos-anjos-knew-he-would-have-the-striking-edge-against-benson-henderson
http://mmajunkie.com/2014/08/following-upset-of-henderson-rafael-dos-anjos-wants-rr-before-next-move
ハファエル・ドス・アンジョス 「打撃面で自分の方に分があるのはわかっていた」 ハファエル・ドス・アンジョス 「打撃面で自分の方に分があるのはわかっていた」 Reviewed by Hideki Azul on 8/24/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.