アンソニー・ジョンソン 「アリスター・オーフレイムとキャッチウェイトで戦いたい」


アンソニー・ジョンソンが、今週放映されたMMA Hourに出演し、 アリスター・オーフレイム戦への熱意を語りました。

「彼とは、過去に、トレーニングを一緒にした仲だが、ファンは、この試合を見たいと思っているはずだし、俺は、この試合を受けることへ、何の弊害もない。俺は、この試合に、乗り気だし、それに、俺は、試合のオファーを断るという事を知らない。

彼とは、220か、225か、もしくは、230パウンドでのキャッチウェイトで戦いたい。もし、彼が、俺が提案しているウェイトで、問題がないのであれば、ぜひ、彼と戦いたいと思っている。俺は、決して、彼の実力を、見下したりなんかはしていないし、彼には、未だに、相手を倒すいろいろな武器があると思っている。事実、ベン戦では、クレイジーな膝蹴りを見せていた。彼が、未だに、トップファイターだというのは、事実だ。だが、俺は、自分自身で、彼の実力をテストしたいと思っている。

俺は、彼を、個人的に、嫌っているだけで、決して、ファイターとしての彼を、馬鹿にしているわけではない。ファイターとしての彼は立派だし、オクタゴンの中では、野獣そのものだ。今まで、いろんな事を言ってきたが、決して、彼の実力を疑問視するような事は言わなかった。一言もだ。俺は、何時でも、ファイターとしての彼は応援しているし、彼には、これからも、ファンが求める試合をこなし、ファイターとして、自分の生きたいように生きていってほしい。

ただ、オクタゴンを降りたら、別問題だ。ファイターではない、プライベートのオーフレイムには、言いたいことがある。彼は、俺の一連のコメントについて、俺が、彼に嫉妬しているからだと言っていたが、俺は、決して、お前に、嫉妬などしていない。なんで、彼が、そういう結論に至ったのかは、理解に苦しむ。」

http://www.bjpenn.com/anthony-johnson-wants-to-fight-overeem-at-catchweight/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+bjpenndotcom+%28BJPENN.COM+MMA+NEWS+BLOGS%29
アンソニー・ジョンソン 「アリスター・オーフレイムとキャッチウェイトで戦いたい」 アンソニー・ジョンソン 「アリスター・オーフレイムとキャッチウェイトで戦いたい」 Reviewed by Hideki Azul on 9/15/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.