グローバー・テイシェイラ 「必ず、ベルトを奪取して見せるつもりだ。」


UFC179で、フィル・デイヴィスと対戦するグローバー・テイシェイラ、テイシェイラにとっては、4月のタイトルマッチ戦以来の試合となりますが、デイヴィスに勝利することが出来れば、再び、タイトル戦線に、浮上してくることは確実と見られています。

一方のデイヴィスは、UFC172で、アンソニー・ジョンソンに判定負けを喫して以来の試合で、それ以前は、ヴァグネル・プラド、ヴィニシウス・マガリャエス、リョート・マチダを下し、3連勝を記録していました。

テイシェイラは、ブラジルで行われたメディアとのインタビューの中で、デイヴィス戦について聞かれ、

「クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン、ジェームス・テフナ、ライアン・ベイダー戦で戦った時のように、相手に、プレッシャーをかけながら、戦うつもりだ。

勿論、相手をフィニッシュしていく。接戦にはならないだろう。リョートが、彼を負かしたと思ったが、接戦だったこともあり、自分は、声を大にして、デイヴィスが勝利を手に入れたことに対して、抗議することが出来なかった。自分は、100%、自分が勝利したという事を証明するためにも、相手をフィニッシュするつもりだ。審判の手に勝敗の行方を委ねたいとは思わない。

フィル・デイヴィスは、長年、トップファイターとして君臨している、タフなファイターだと思う。トップ10ファイターを何人か倒した後に、再び、ベルトに挑戦していきたい。今度は、必ず、ベルトを奪取して見せるつもりだ。」

また、ジョン・ジョーンズ vs ダニエル・コーミエ戦では、どちらが勝利すると思うかという質問に対しては、

「どちらにもチャンスはあると思う。コーミエは、素晴らしいファイターだから、もちろん、彼にも、勝つチャンスはある。ただ、自分は、ジョーンズの方が、より優れたファイターだと思っているから、コーミエにとっては、とてもタフなチャレンジになるだろう。

ジョーンズと、タイトルを懸けてリマッチをするのが、自分の目標でもあるから、自分は、ジョーンズにベルトを防衛して貰いたいと思っている。ただ、もし、ジョーンズが、負けるようなことがあれば、自分のジョーンズ戦への興味は、0%になるだろう。自分は、ただ、ベルトが欲しいだけだ。」

http://www.bjpenn.com/glover-vows-to-get-that-fing-belt/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+bjpenndotcom+%28BJPENN.COM+MMA+NEWS+BLOGS%29
http://www.bjpenn.com/glover-teixeira-gives-his-pick-for-jones-vs-cormier/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+bjpenndotcom+%28BJPENN.COM+MMA+NEWS+BLOGS%29
グローバー・テイシェイラ 「必ず、ベルトを奪取して見せるつもりだ。」 グローバー・テイシェイラ 「必ず、ベルトを奪取して見せるつもりだ。」 Reviewed by Hideki Azul on 9/22/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.