アントニオ・シウバ 「アリスター・オーフレイムは、いけ好かない野郎だ」


2013年2月に、アリスター・オーフレイムをノックアウトし、12連勝中だったオーフレイムの連勝記録を止めたアントニオ・シウバが、Combate.comとのインタビューの中で、オーフレイムの現状について、複雑な心境を明らかにしました。

「ブラジルに帰国中、彼の試合を見る機会があった(笑)。彼は、まるで、コメディアンか、アニメのキャラクターの様だ。彼の事を思うと、気の毒だと思うが、ただ、これは、すべて、自分の行動が招いた結果だ。オーフレイムは、いけ好かない野郎だし、俺たちは、あいつの事なんて、知ったこっちゃない。彼は、いつも、人の恨みを買うようなことばかりしている。俺は、誰の不幸も望んでいないから、彼の様に人の恨みを買うよう事をする奴を見るのは、とても悲しい。

もしかすると、俺のせいで、打たれ弱くなってしまったのかもしれない。あのノックアウトで、自信を無くしたのは、間違いない。それに、デカい相手とやるときは、特に、俺を思い出して、ビビっているに違いない(笑)。」

http://www.bloodyelbow.com/2014/9/10/6129103/ufc-bigfoot-silva-sorry-for-alistair-overeem-ufc-interview
アントニオ・シウバ 「アリスター・オーフレイムは、いけ好かない野郎だ」 アントニオ・シウバ 「アリスター・オーフレイムは、いけ好かない野郎だ」 Reviewed by Hideki Azul on 9/11/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.