チアゴ・シウバが再びUFCを解雇される


チアゴ・シウバの妻は、国を離れたかもしれませんが、このまま、事件について、黙っているというわけではないようです。

タイザ 「ハニー、なんで、警察を呼んだんだ。俺は、何もしていないじゃないか。それに、何で、撮影しているんだ。ハニー、何が、目的なんだ。何か言ってくれ。」

タイザ 「台所から出て行って。今、食事を作っているところなの。家から出て行って。」

チアゴ 「なんでこんな事をするんだ。」

タイザ 「家から、家から出て行って。この家にジャンキーはいらないんだから。チアゴ、そんな目で見ないで。ここにいるから、早く、銃をこっちに渡して。」

チアゴ・シウバ 「だったら、撮影するのを止めろ。誰か、ここにいるのは知っているんだ。俺の事を馬鹿にするのもいい加減にしろ。」

タイザ 「チアゴ、誰が隠れているというの?」

チアゴ・シウバ 「ハニー、俺を馬鹿にするな。それにカメラをこっちに向けるのを止めてくれ。何も見えないじゃないか。」

タイザ 「チアゴ、それは出来ないわ。これは、証拠だもの。」

チアゴ・シウバ 「証拠? 何の証拠だ? 死ぬわけでもあるまいし。ここに誰かいるんだろ。何をやるつもりだ。俺の事をだませるとでも思っているのか?」

タイザ 「チアゴ、その薬物中毒のせいで、いつか、あなたは、私を殺すわ。

チアゴ・シウバ 「そんなことはない。お前は、この家で、何をやっているんだ。」

タイザ 「チアゴ、いったい何の話?

チアゴ・シウバ 「タイザ、お前が、誰かを呼んだのは知っている。俺は、馬鹿ではない。」

タイザ 「チアゴ、誰も呼んではいないわ。あなたしかいない。あなたを撮影しているだけ。

チアゴ・シウバ 「何でこんなことをしているんだ。」

タイザ 「それは、あなたが、正常な状態に戻った時に、何が起きたか、わかるように。あなたは、今、銃を所持している。」

チアゴ・シウバ 「タイザ、俺は、何もしていないし、嘘をつくのもやめてくれ。

タイザ 「嘘? あなたは、今、銃を持ってきたじゃない。

チアゴ・シウバ 「ちゃんと、ポケットの中にしまっている。何もしていないじゃないか。」

チアゴ・シウバが再びUFCを解雇される チアゴ・シウバが再びUFCを解雇される Reviewed by Hideki Azul on 9/20/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.