フロイド・メイウェザー・ジュニア「MMAファイターは、プロモーターより、不公平な扱いを受けており、自身が、MMAに進出することにより、MMAを改善していきたい。」

パウンド・フォー・パウンドの称号の名を欲しいままにするフロイド・メイウェザー・ジュニアが、Fighthype.comとのインタビューの中で、MMAの現状について、MMAファイターは、プロモーターより、不公平な扱いを受けており、自身が、MMAに進出することにより、MMAを改善していきたいと、明らかにしました。

「もし、不公平な扱いを受けていると思うのなら、メイウェザー・プロモーションズと契約を結ぶべきだ。我々は、常に、ファイターの事を、第一に考えている。数多くのMMAファイター達に、我々の存在を知ってもらいたいと考えている。」

先日、ネバダ州でボクシング興行を行うのに必要なライセンスを獲得したメイウェザーは、ボクシングイベントだけでなく、MMAの大会を行う事にも、興味を持っているようです。

「将来的な計画のひとつとして、MMAの大会を開催することや、MMA王者とマネージメント契約を結ぶことがある。我々は、ただ、ボクシング事業だけをしていくわけではない。フロイド・メイウェザーは、ボクシング以外のビジネスの事も、常に考えているし、我々は、多方面に、活躍していくつもりだ。MMAに参加した暁には、ファイター達には、今よりも、もっと、お金を稼いでもらいたいと思っている。別に、ここで、誰かを、批判しようとしているわけではないが、自分が、聞く限りでは、彼らは、プロモーターから、不当な扱いを受けていると思っている。自分は、そういう事はしていく気はない。MMAファイター達を、正当に扱っていく気だ。ファイター達には、プロモーターから、正当に扱われる権利がある。」

http://www.sherdog.com/news/news/Mayweather-Says-MMA-Fighters-Not-Being-Treated-Fair-Plans-to-Promote-MMA-Events-75501
フロイド・メイウェザー・ジュニア「MMAファイターは、プロモーターより、不公平な扱いを受けており、自身が、MMAに進出することにより、MMAを改善していきたい。」 フロイド・メイウェザー・ジュニア「MMAファイターは、プロモーターより、不公平な扱いを受けており、自身が、MMAに進出することにより、MMAを改善していきたい。」 Reviewed by Hideki Azul on 10/13/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.