デイナ・ホワイト 「もし、ケイン・ヴェラスケスが、また、欠場する事になった場合は、その時は、ベルトの剥奪を検討している。」


以前、当時のUFCバンタム級王者のドミニク・クルーズが、2年以上、怪我戦線を離脱していることを受け、ベルトを剥奪されたことがありましたが、現UFCヘビー級王者のケイン・ヴェラスケスにも、クルーズと同じような事が起きるかもしれません。しかし、今回は、2年もの猶予は与えられないようです。

デイナ・ホワイトは、UFC.comの中で、もし、ヴェラスケスが、当初の予定通り、3月までに復帰できない場合は、王座を剥奪する考えがあることを明らかにしました。

「今は、そういう方向で、検討しているところだ。今回のメキシコ大会では、暫定王座決定戦が行われることになるが、もし、ケインが、(当初の予定通りに) 復帰できないとなると、暫定王者が、正規王者に繰上げされることになる。」

肩の怪我で、ほぼ1年近く戦線を離脱し、1年ぶりの復帰戦を、メキシコ大会で行う予定でしたが、今度は、膝の怪我の影響で、欠場が決定。ヴェラスケスのヘッドコーチは、ヴェラスケスの復帰予定として、来年の3月を目標にしています。

MMAの世界では、トレーニング中に、大きな怪我をしてしまうことは、何も、珍しいことではありませんが、デイナは、今一度、MMAのトレーニング方法を見つめなおす必要があると感じているようです。

「例えば、毎週のように試合があるNFLを例えにすると、彼らは、練習で、チームメイトと100%の力で、ぶつかり合うという事をしなくなった。MMAは、常に、進化し、昔と今では、まったく、違うレベルのスポーツになってきている。 もしかすると、練習方法なども、今一度、考え直す必要があるのかもしれない。」

http://www.mmamania.com/2014/11/13/7217017/ufc-dana-white-cain-velasquez-injured-stripped-heavyweight-title-mma
デイナ・ホワイト 「もし、ケイン・ヴェラスケスが、また、欠場する事になった場合は、その時は、ベルトの剥奪を検討している。」 デイナ・ホワイト 「もし、ケイン・ヴェラスケスが、また、欠場する事になった場合は、その時は、ベルトの剥奪を検討している。」 Reviewed by Hideki Azul on 11/14/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.