ケイン・ヴェラスケス 「ベルト剥奪の可能性については、余り心配していない。」


メキシコ大会で、王座防衛戦を行う予定も、怪我の為に、欠場することが決定し、代わりに、ファブリシオ・ヴェウドゥムとマーク・ハントの間で、暫定王者決定戦が行われることになりましたが、正規王者のケイン・ヴェラスケスも、メキシコ大会に来場し、ケージ際で、試合を観戦していました。

「ハントは、ゲームプラン通りに、上手く動けていて、テイクダウンも、上手く避ける事が出来、打撃戦でも、圧倒していた。ただ、一発、膝蹴りにヤラレてしまっただけだ。ファブリシオは、全てを出し切っていたと思う。後ろ回し蹴り、膝蹴り、エルボー、やれる事は、全て出していた。」

大会後、デイナ・ホワイトは、もし、怪我からの回復具合が思わしくなく、戦線離脱が長引けば、ベルト剥奪の可能性があることを示唆していましたが、

「(例え、現実問題として、剥奪されたとしても) 戦う事さえ出来れば、次の試合は、必然的に、タイトル戦になる。だから、正直、その点については、余り心配していない。」

http://www.mmaweekly.com/cain-velasquez-weighs-in-on-fabricio-werdums-win-doesnt-care-if-hes-stripped-of-belt
ケイン・ヴェラスケス 「ベルト剥奪の可能性については、余り心配していない。」 ケイン・ヴェラスケス 「ベルト剥奪の可能性については、余り心配していない。」 Reviewed by Hideki Azul on 11/16/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.