ティム・ケネディがウェルター級への転向を示唆


先日は、復帰について、さぁ、と口を濁していたティム・ケネディですが、Submission Radioに出演した際に、新たな階級への転向のについて語り、

「(階級転向は) とても可能性のある事だ。ミドル級では、自分(180cm)は、決して、体格的に優れているというわけではない。むしろ、とても、小さい部類に入る。ミドル級では、ルーク・ロックホールド(191cm)、マイケル・ビスピン(188cm)、ホジャー・グレイシー(193cm)等の選手たちと、戦うことになる。そして、ヨエル・ロメロ(183cm)、ハファエル・ナタル(183cm)等が、この階級では、一番低い選手達に該当する。だから、最近、チームと、ウェルター級へ、階級を転向することで、体格差という意味で、大きなアドバンテージを得ることが出来るのではないかという事を、話し合っているところだ。ウェルター級へ減量することへの不安はまったくない。普段は、106Kgくらいの体重があるが、77Kgへの減量には、まったく、問題はない。」

http://www.mmamania.com/2014/11/17/7235201/drop-ufc-welterweight-division-very-possible-super-short-tim-kennedy-mma
ティム・ケネディがウェルター級への転向を示唆 ティム・ケネディがウェルター級への転向を示唆 Reviewed by Hideki Azul on 11/18/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.