フランキー・エドガー 「コナー・マクレガーは、まるで、チャンピオンかの様に振舞っている。」


3度目の戦いとなったBJペン戦で、BJを圧倒、引導を渡すことに成功したフランキー・エドガー、そんなエドガーに対して、UFCは、カブ・スワンソン戦をプレゼント。現在6連勝中のスワンソンを破れば、エドガーのタイトル挑戦も、再び、見えてきそうですが、エドガー自身は、その点について、かなりの自信があるようです。

「ランキングをみれば明白なことだし、それに、カブ・スワンソンは、前回の試合での勝利で、タイトル戦を約束されていたということを考えると、この試合で、そのタイトル戦を約束されていた男を破れば、自分が、タイトル挑戦権を得ることになるというのは、とても自然な流れだと思う。」

しかし、一方で、エドガーは、自身に、ある使命が課せられているとも感じているようで、タイトル挑戦者決定戦で、コナー・マクレガーと対峙することも辞さない考えのようです。

「彼の事については、わからない事が多すぎる。ダスティン・ポイエーが、コナーは、一体、どんなファイターなのかを、見つけ出しくれる役目を担ってくれたと思っていたが、コナーは、ダスティンを、秒殺してしまった。別に、コナーの実力に疑問を持っているわけではない。彼の実力には、感心している。彼は、これまで、実力者を、いとも簡単に倒してきた。ただ、一方で、コナーについて、まだまだ、明かされていないことがあるのは事実だ。」

(レスラー相手にどうなのかということでしょうか?)

「しかし、彼は、自分を売り出すことに、とても長けている。自分には、とても、彼のような真似は出来ない。正直言って、フェザー級にとっては、彼の存在は、良い事だと思う。彼のおかげで、今では、すっかり、この階級に、注目が集まってきた。

ただ、もし、彼が、次期タイトル挑戦権を得るというのであれば、話は別だ。物事には、順序がある。だから、もし、タイトルに挑戦する前に、もうひとり、倒さなければならないというのであれば、そいつを、倒しにいくだけだ。」

http://www.foxsports.com/ufc/story/frankie-edgar-conor-mcgregor-talking-like-he-has-the-title-already-111814
フランキー・エドガー 「コナー・マクレガーは、まるで、チャンピオンかの様に振舞っている。」 フランキー・エドガー 「コナー・マクレガーは、まるで、チャンピオンかの様に振舞っている。」 Reviewed by Hideki Azul on 11/19/2014 Rating: 5
Powered by Blogger.