イギリスで開催されたキックボクシング大会の試合中14歳の子供が意識を失い病院に搬送されたものの残念ながら意識戻らず病院で息を引き取る。



スコット・マースデン(Scott Marsden)君14歳がキックボクシングの試合後病院で亡くなっていたことが明らかにされました。

スコット君はイギリス北部のリーズで行われた英国国内タイトルマッチに出場中意識を失い病院に搬送されたものの残念ながら病院で息を引き取ったとのことです。

Scott Marsden

観客によるとジュニア王者のスコット君は打撃が原因で倒れたのではないとのことです。またレフリーは彼がキャンバスに倒れる前にスコット君をキャッチしていたようです。

もともと健康状態が悪かったのかそれとも試合中に何かがあったのかはまだ分かっていません。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4311732/Kickboxer-14-feared-dead-collapsing-fight.html
イギリスで開催されたキックボクシング大会の試合中14歳の子供が意識を失い病院に搬送されたものの残念ながら意識戻らず病院で息を引き取る。 イギリスで開催されたキックボクシング大会の試合中14歳の子供が意識を失い病院に搬送されたものの残念ながら意識戻らず病院で息を引き取る。 Reviewed by Hideki Azul on 3/15/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.