ビクトー・ベウフォート「UFCとはあと1試合の契約が残っている。最後の試合はリオで行いたい。」

「プロのアスリートとして自分のキャリアを終える時がきた。今年はベルトを取ってから20年目になる。UFCとはあと1試合の契約が残っている。最後の試合はリオで行いたい。敗ける事は戦うなかで避けては通れない試練だと思っているが、今日は俺にとって最高の日とはいえなかった。リオではブラジル人以外と戦いたい。最後の戦いをブラジル人相手なんてことにはしたくない。」

次の試合が最後の試合かという問いに対してイエスと答えたビクトー。リオ大会ということはUFC212でしょうか。この大会ではホゼ・アルド vs マックス・ホロウェイのUFCフェザー級統一戦が行われます。ただもしレジェンドリーグが開始されるのであれば引退はもう少し伸びそうです。

「もしレジェンドリーグが出来れば話は別だ。もう少し現役を続けられるだろう。ただ俺の体は以前のようにパフォーマンスすることが出来ない。もうメインイベントの為にトレーニングをするにはとてもきつ過ぎる。これまで14回も手術をしてきた。体中のあちこちがとても痛んでいる状態だ。ただ俺はUFCでレジェンド達だけのリーグが出来ると確信しているし、もし実現すればこの業界にとって大きな革命になるだろう。」

http://www.sherdog.com/news/news/With-One-Fight-Left-on-Contract-Vitor-Belfort-Wants-to-End-Career-at-UFC-212-in-Rio-118597
ビクトー・ベウフォート「UFCとはあと1試合の契約が残っている。最後の試合はリオで行いたい。」 ビクトー・ベウフォート「UFCとはあと1試合の契約が残っている。最後の試合はリオで行いたい。」 Reviewed by Hideki Azul on 3/12/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.