ファブリシオ・ヴェウドゥム「スタイプ・ミオシッチかジュニオール・ドス・サントスが怪我したときの為にトレーニングキャンプを始めている。」

「fabricio werdum vs alistair overeem」の画像検索結果

ケイン・ベラスケス、ベン・ロスウェルと対戦相手が次々と欠場が決まり最近運が付いていないファブリシオ・ヴェウドゥム。

ヴェウドゥムはこの状況を打破するためにアリスター・オーフレイムとのトリロジーを目指していることと、また万が一スタイプ・ミオシッチかジュニオール・ドス・サントスが怪我したときの為にもトレーニングキャンプを始めていることを明らかにしました。

「次のロスウェル戦をとても楽しみにしていたのに彼がドーピング違反で試合が出来なくなり残念だ。あいつに何があったのかは良く知らないが、これまでずっと俺の悪口を言い続けていたから、絶対試合で倒してやるという気持ちでトレーニングをしてきた。ただまた対戦相手のせいで試合がキャンセルとなってしまった。次は誰か、出来ればケインかオーフレイムと7月頃に戦えればと思っている。

勝てばタイトルに挑戦することが出来るし、正直どちらのリマッチも自分にとってはメリットのある試合だ。オーフレイムとは2回戦いPRIDEでは俺がStrikeforceでは彼が勝利を収めた。ただStrikeforceの時はキャリアで唯一トレーニングをし過ぎてしまったが故に良いパフォーマンスをすることが出来ずに負けてしまった。あの時俺はドーピング検査をしようじゃないかと彼に提案したが、彼はお前にはそんなことを言う権利はないから嫌だし、今回はテストなんかしないと言ってきた。俺は、えっ?って感じだった。実際の彼の体はとんでもなく大きくみえた。だから今回UFCで行うトリロジーはとても良いファイトが出来ると思っている。ケインはおそらく復帰にもう少し時間がかかりそうだからおそらくオーフレイムが現実的だろうし、彼も俺との対戦を拒否はしないだろう。」

と前回はオーバートレーニングとアリスターがドーピングをしていたから負けたと語るファブリシオ。アリスターとの対戦は現状最も堅実的な目標とも言えますが、しかしその一方でUFC211参戦も諦めてはいないようです。

「万が一の為にトレーニングキャンプを始めている。俺自身キャンプでは何度も怪我をしてしまった経験がある。もちろん俺は誰にも怪我をして欲しいなんて望んでいない。ただ怪我というのは起きてしまうものなんだ。だからUFC211のタイトル戦に備える為にも準備を始めたところだ。もちろん試合を観に行くし、もし俺が必要ならばいつだって戦える準備は出来ている。」

http://www.mmafighting.com/2017/3/26/15003822/fabricio-werdum-eying-trilogy-fight-with-alistair-overeem-but-staying-ready-for-call-at-ufc-211
ファブリシオ・ヴェウドゥム「スタイプ・ミオシッチかジュニオール・ドス・サントスが怪我したときの為にトレーニングキャンプを始めている。」 ファブリシオ・ヴェウドゥム「スタイプ・ミオシッチかジュニオール・ドス・サントスが怪我したときの為にトレーニングキャンプを始めている。」 Reviewed by Hideki Azul on 3/27/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.