3/7 MMAニュース GSP 「UFCとは4試合の契約を結んだ。」/ エディ・アルバレス「トニー・ファーガソンと戦いたい。」/ ハビブ・ヌルマゴメドフのチーム「トニ―・ファーガソンとはUFC210か211で戦うことになるだろう。」

GSP 「UFCとは4試合の契約を結んだ。」

「正直に言うと、契約の内容は我々が望んでいた金額ではなかったが、裁判の時のように、お互いが歩み寄った形で終結した。

最終的にはこのスポーツを愛している、どうしてもまた戦いたいという気持ちが歩み寄りを後押しした。だから自分が納得した契約ではなかったが、後悔はしていないし今はハッピーな気持ちだ。金額に関しては、我々がもともとオファーした額よりもやや下回っている額になったが、それでもかなり良い額を貰えていると思っている。ただ最終的にはお互いが譲歩して契約にたどり着いた。

今回は4試合の契約を締結した。契約が締結する前に、タイロン・ウッドリーに自分との試合に興味があるかメッセージを送って、彼はそれをすぐに公にしていた。彼も自分との戦いは興味があると返事をくれた。ただその時はまだ契約交渉中で先に契約を締結する必要があった。

なぜその後マイケル・ビスピンがアイデアとして出てきたかというと、彼のタイトル奪取の試合にはとても驚かされた。彼はトレーニングキャンプもろくに行わずにタイトルマッチに臨みルーク・ロックホールドをノックアウトしてしまった。とても感動してしまった。また彼は自分と同じようにドーピング違反に厳しい見解を語ってきていた。彼が敗れた相手のほとんどはドーピング違反をしてきたファイター達だ。

彼の事はとても尊敬している。彼は必死にトレーニングを行っているし、彼は決して才能に溺れてろくにトレーニングもしないようなファイターではない。マイケルはこれまで良い時もあれば悪い時もあった。ただ彼は負けたあと、いつも以前よりも強くなって戻ってきていた。正直言って彼のようなファイターと戦うのは悪夢のようだし、自分にとっては彼こそが今まで戦った中で一番危険な相手だと思っている。」

------------------------------------------
エディ・アルバレス「トニー・ファーガソンと戦いたい。」

「次はネイト・ディアスと戦うことになるだろうと思っていたから、彼が対戦を拒否したと聞いたときはショックだった。あいつはメキシコ大会のバックステージで俺に喧嘩を売ってきていたから、あの時はネイトと戦うことになるだろうと思っていた。だから彼らに試合の契約書を渡してノーと言われたときはショックだった。俺は絶対彼と戦うものだと思っていた。何故なのかはわからない。今はネイト以外の相手でモチベーションが上がるような相手を探しているところだ。今週中には誰と戦うかがわかってくるだろう。もしハビブ・ヌルマゴメドフがトニ―・ファーガソンと戦わないのならば、俺がトニ―と戦いたい。」

------------------------------------------
ハビブ・ヌルマゴメドフのチーム「トニ―・ファーガソンとはUFC210か211で戦うことになるだろう。」

「アッサラームの兄弟達よ。良いニュースがある。ハビブ vs ファーガソン戦は必ず行われる。UFCはこの試合の予定を明日には発表するだろう。試合はUFC210か211で行われるはずだ。」


デイナ・ホワイトは4度目のブッキングにものすごく消極的でしたが、果たして真相は。

http://www.mmamania.com/2017/3/6/14834948/ufc-georges-st-pierre-four-fight-ufc-deal-is-very-good-money-but-a-bit-below-what-we-wanted-mma
http://www.mmamania.com/2017/3/6/14834374/ufc-eddie-alvarez-shocked-nate-diaz-turned-down-fight-tony-ferguson-mma
http://mmaimports.com/2017/03/its-on-khabib-camp-says-ufc-has-rebooked-ferguson-title-fight/
3/7 MMAニュース GSP 「UFCとは4試合の契約を結んだ。」/ エディ・アルバレス「トニー・ファーガソンと戦いたい。」/ ハビブ・ヌルマゴメドフのチーム「トニ―・ファーガソンとはUFC210か211で戦うことになるだろう。」 3/7 MMAニュース GSP 「UFCとは4試合の契約を結んだ。」/ エディ・アルバレス「トニー・ファーガソンと戦いたい。」/ ハビブ・ヌルマゴメドフのチーム「トニ―・ファーガソンとはUFC210か211で戦うことになるだろう。」 Reviewed by Hideki Azul on 3/07/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.