4/2 MMA/UFCニュース スコット・コーカーがフロイド・メイウェザー・ジュニア vs コナー・マクレガー戦、ジョシュ・コスチェック、マット・ヒューズ等について語る。



Bellatorの代表としての顔を持つスコット・コーカー。人柄の良さは誰からも悪口を言われないことからも明白ですが、そういう意味でUFCのデイナ・ホワイトとは180度反対の人間性を持っていると言えます。

通常代表を務める者の立場としてなかなかライバル団体を褒めるようなことは容易に出来ませんが、スコットに限っては当てはまらないようです。

現在MMA業界を賑わしている最大の話題と言えば、フロイド・メイウェザー・ジュニア vs コナー・マクレガー戦。スコット自身もこの試合には大変興味があり実現すればぜひ観に行きたいと考えているようです。

「メイウェザー vs コナー戦は私自身も大変興味を持っている試合だ。私はおそらく誰よりも早くいの一番にチケットを購入するだろう。スタジアムで間近で試合を観たいと思っているし、君も実際にリングサイドで観てみたいと思わないか? 

コナーの何が好きかっていうと彼は特別な何かを持ち合わせているし、一人のアスリートとしてこれまでとんでもない事を成し遂げてきた。それに加え彼は自分を魅せることに長けている。どうしてそんな彼の事を否定することなんて出来るんだ。私は彼の大ファンだ。

私はコナーのように自分自身のキャラクターを持っているファイター達が好きだ。そういう意味ではチェール・ソネンにも言えることだ。こういったキャラクターを持った総合格闘家といえば、もともとは日本の総合格闘技にルーツがあると思っている。アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs ボブ・サップ戦を覚えているか。あの試合は最高のエンターテイメントだった。彼らはあの試合でファイター以上のもの、キャラクターを手に入れたと思っている。そういう意味ではコナーのキャラクターは最高だ。だからなぜ私が観たくないと思うんだ。

最高の二人が相まみえることになる。何が起こるかは予想もつかない。これはエキシビションマッチだ、メイウェザーにとってスパーリングと変わらないじゃないかと言う人もいる。事実メイウェザーにパンチを当てるのは至難な業だし、あのマニー・パッキャオですら無理だった。ただ1発、2発のパンチで全ての状況を変えることは可能だ。だからこの試合は楽しみだし私の99ドルは間違いなく彼らの懐に入るだろう。」

チェール vs ティト・オーティス戦は八百長だという批判について、特にUFCのダン・ハーディーは八百長だったとソーシャルメディア等で訴えていました。この件に関してコーカーはハーディーを訴えることも考えていたそうです。

「八百長の件に関して言えば、我々への侮辱以外の何物でもない。考えても欲しい。私はこの業界で31年もの間プロモーターをやってきている。たった1試合の為にプロモーター業を廃業する覚悟の上でそんなリスクを冒すと思うのか。正直私はこの件に関しては喧嘩を売られたと思っている。故意に侮辱してきたと。こんなことは馬鹿げているし、全く訳が分からない。

だから私は親会社のバイアコムに対して、あの解説者(ハーディー)は我々を馬鹿にしている。彼はメディアの人間で、ファンが彼の言うことを信じると知ったうえでこういった事を発信している。しっかり弁護士チームを作り彼に法的な措置を取るべきだと言った。彼らは今でも、この件に関して調査をしているところだと思う。」

ハーディーはその後この件は特に証拠に基づいたものではない、浅はかだったことを認めています。

「ヴァンダレイ・シウバも過去に同じような事をした。その時UFCが彼に対して何をしたかというと彼らは訴訟を起こした。私達は基本的に誰も中傷したりはしない。ただただこの会社やスポーツの為に働いているだけだ。ただもし今回のような件があった場合、我々はそれ相応の対応をしていく。皆この件に関する我々の考えを理解するべきだ。我々は毅然とした態度で対応していく。」

Bellatorの将来について、マット・ヒューズ vs ホイス・グレイシー戦は行われるのか?

「我々はマット・ヒューズとその件に関して話をしたことはない。今年我々にはやらなければいけないことが沢山あるから、実現できるかどうかはわからない。」

またジョシュ・コスチェックの今後については、

「それは彼に任せている。私の口から言うことは出来ない。もしかすると引退する時期が近付いているのかもしれない。我々は彼にかなりの期待をしていた。ただ彼の体は彼が思っているようなパフォーマンスが出来なくなっている。もしかすると彼は引退するべきなのかもしれない。ただそれは彼が決めることだ。たとえ我々が引退するべきだと言っても、彼にもし現役を続ける気があるのであれば他の団体で戦い続けていくだろう。

正直言うと我々は一度話し合いの場を持つべきだと思っている。彼は今後5年間どんなことを達成していきたいのか。彼はファイターとして戦う以外にも成功しているビジネスを持っているし、もしかすると彼は腰を据えてそのビジネスに専念する時なのかもしれない。正直言ってトップリーグで戦い抜くにはとても厳しい現実が待っている。」

http://www.mmafighting.com/2017/4/1/15125926/bellator-notebook-scott-coker-talks-mayweather-mcgregor-matt-hughes-future-of-josh-koscheck-more
4/2 MMA/UFCニュース スコット・コーカーがフロイド・メイウェザー・ジュニア vs コナー・マクレガー戦、ジョシュ・コスチェック、マット・ヒューズ等について語る。 4/2 MMA/UFCニュース スコット・コーカーがフロイド・メイウェザー・ジュニア vs コナー・マクレガー戦、ジョシュ・コスチェック、マット・ヒューズ等について語る。 Reviewed by Hideki Azul on 4/02/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.