4/27 MMA/UFCニュース 各UFCチャンピオン達の弱点を探る 軽量級編

UFCチャンピオン達の弱点とは?

ヨアナ・イェンジェイチック

「Joanna Jedrzejczyk」の画像検索結果

階級: 女子ストロー級
記録: 通算13勝0敗 (UFC7勝0敗)
弱点: グラップリング

UFCの公式記録によると、ヨアナはサブミッション勝ちやスイープ、ガードパスといったことを試合でみせたことはなく、またテイクダウンを試みたのは僅か3回でそのうちの2回が成功。
ただもともとムエタイにバッググラウンドを持っているので立ち技に自信を持っていること、また82%という高いテイクダウンディフェンスを兼ね備えているのでグラウンドで勝負を極めにいかなくてもいいという事情がありそうです。

しかしもし相手にテイクダウンされサブミッションで攻められようものならヨアナは大ピンチとなりそうです。

デメトリアス・ジョンソン

「Demetrious Johnson」の画像検索結果

階級: フライ級
記録: 通算26勝2敗1分 (UFC14勝1敗1分)
弱点: 集客力

デメトリアス・ジョンソンはUFCで一番完成されたファイターといえそうです。前回の防衛戦でUFC記録となる10回目の防衛に成功したDJですが、11回目の防衛戦もライバル不在の現状では難なくクリヤしてしまいそうな雰囲気を持っています。

常に努力を怠らないDJはファンの注目を引くことにも関心を持っておりコナー・マクレガーの話題に参戦したりもしますが、今のところこういったアプローチはPPV成績に直結してはおらず、前回の防衛戦はUFCがFOX局で放映した歴代の大会のなかで史上最低の視聴率を記録してしまいました。

アマンダ・ヌネス

「Amanda Nunes」の画像検索結果

階級: 女子バンタム級
記録: 通算14勝4敗 (UFC7勝1敗)
弱点: スタミナがすぐ切れる

ロンダ・ラウジーがベルトを失って以降、ホリー・ホルム、ミーシャ・テート、ヌネスと目まぐるしい勢いでチャンピオンが変わっていますが、しばらくはヌネスの時代になるかもしれません。

ヌネスの特徴といえばスピード、パワー、身体能力の高さですが、唯一の欠点はスタミナだと言われています。

これまで18戦戦いそのうちの12戦は1ラウンドで決着がついていますが、短期決着を急ぐあまり後半のラウンドでスタミナ切れを起こしてしまうこともあります。

ちなみにStrikeforce、Invicta FC、UFC時代には12度戦っていますが、そのうち2ラウンドまで試合が進んだケースが4度ありそのうち3度負けを喫しています。

コーディ・ガーブラント

「Cody Garbrandt」の画像検索結果

階級: バンタム級
記録: 通算11勝0敗 (UFC6勝0敗)
弱点: 柔術

UFC207でのドミニク・クルーズ戦では、コーディ・ガーブラントはただパワーがあってスピードのあるパンチを放つことが出来るファイターというわけではなく、ディフェンス力、フットワークなど高い技術を持った選手であることを証明してみせました。

ここまで負けなしであることを加味すると、コーディの弱点を探るのには一苦労しそうですが、強いて言えばコーディには一度もサブミッション勝ちがありません。またグラウンドでパウンドを放てると確信があるとき以外は、どちらかというとグラウンドでの戦いに抵抗を示しています。

ジャーメイン・デ・ランダミー

「Germaine De Randamie」の画像検索結果

階級: 女子フェザー級
記録: 通算7勝3敗 (UFC4勝1敗)
弱点: 対戦相手がいない

キックボクシングの世界ではかなりの功績を残してきたものの上記の数字が物語るようにMMAの世界ではまだそれほど実績を残せていないジャーメイン・デ・ランダミー。

初代王者決定戦での物議を醸したラウンド後の攻撃を経て王座獲得に成功しましたが、ただでさせ人材に乏しいこの階級で、初防衛戦ではクリス・サイボーグではなくホリー・ホルムとのリマッチを希望と発言するなど自らこの階級の雲行きを怪しくしている感があります。

ちなみに公式サイト上で女子フェザー級に登録されているのは王者のジャーメインとチャレンジャーのホルムだけです。

ここでサイボーグと戦わないということは永遠に2人だけでタイトルマッチをまわしていくのでしょうか。

ホゼ・アルド

「Jose Aldo」の画像検索結果

階級: フェザー級
記録: 通算26勝2敗 (UFC8勝1敗)
弱点: 戦線離脱の多さ

ここ5年間で7度試合に出場しているホゼ・アルド。防衛戦が決まるときまってチャレンジャーに戦線離脱の多さを茶化されています。

ただ怪我というのは防ぎようがないためアルドを一方的に責めることも出来ませんが、もしアルドのこれまでの功績が正当に評価されないとすればこの怪我の多さからくる長期戦線離脱の件が影響している可能性は十分にあります。

http://bleacherreport.com/articles/2705617-the-case-against-every-ufc-champion
4/27 MMA/UFCニュース 各UFCチャンピオン達の弱点を探る 軽量級編 4/27 MMA/UFCニュース 各UFCチャンピオン達の弱点を探る 軽量級編 Reviewed by Hideki Azul on 4/27/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.