フロイド・メイウェザー・ジュニア「コナー・マクレガーなら俺を倒すことが出来る。」

LONDON, ENGLAND - MARCH 07:  Floyd Mayweather JR speaks during a Frank Warren and Floyd Mayweather JR Press Conference at The Savoy Hotel on March 7, 2017 in London, England.  (Photo by Dan Mullan/Getty Images)

コナー・マクレガーはフロイド・メイウェザー・ジュニアに子供扱いされるだろうと予想するファンは多くいますが、フロイドはプロボクシング初挑戦となるコナーにも勝利のチャンスは十分あると考えており、フロイド自身は巷のフロイド圧勝という考えには反対のようです。

果たしてこの意見はPPVを売る為なのか、それとも本当にそう信じているのか、フロイド曰く、彼はコナーをファイターとして尊敬しており彼の実力を過小評価するつもりはないと考えているようです。

TMZ Sportsの突撃取材を受けたフロイドはコナーについて、

「俺も彼もファイターだしそこに違いはない。皆俺に質問ばかりするが、ちょっとはリサーチにも時間をかけるべきだ。コナーがオクタゴンで相手を負かす時、彼は常にスタンディングの状態で試合を終えている。逆に彼が負ける時はグラウンドの状態で終わっている。彼はまるでボクサーの様に相手を倒していく、打撃が得意でグラップリングは苦手な印象があるファイターだ。

彼が俺を倒す可能性はあるかって、それはなんとも言えないが、何が起こるかわからないのがボクシングというスポーツだ。」

すでに引退をして2年近くが経とうとしていますが、このブランクや体格差は果たしてコナーに有利に働くのか。

「すでに最後の試合を行って数年が経つ。俺は今40歳だし20歳台のコナーとは大分年が離れている。それに彼はパワーパンチャーだ。この年齢差とブランク、パワーの差の影響はとても大きいと思っている。」

一方かつてのライバルのオスカー・デ・ラ・ホーヤは、このスーパーファイトについて、実現しないだろうとコメントしています。

「二人ともエゴが強すぎるから契約はまとまらないだろうし、この問題をさらに複雑にしているのがUFCとの共同開催という点だ。彼らはUFCとも利益を分けなければいけない。エゴがぶつかり合って実現せずに終わるだろう。

それに実現したとしても、コナーが勝つ可能性は0%だ。フロイドが終始12ラウンド圧倒するだろう。正直コナーはボクシングの厳しさを理解していない。12ラウンド戦い抜くことのタフさを理解していない。3ラウンドや5ラウンド戦うのとはわけが違うんだ。」

http://bleacherreport.com/articles/2707489-floyd-mayweather-on-conor-mcgregor-upsetting-him-anything-can-happen
http://www.cbssports.com/boxing/news/oscar-de-la-hoya-conor-mcgregor-floyd-mayweather-not-happening-anytime-soon/
フロイド・メイウェザー・ジュニア「コナー・マクレガーなら俺を倒すことが出来る。」 フロイド・メイウェザー・ジュニア「コナー・マクレガーなら俺を倒すことが出来る。」 Reviewed by Hideki Azul on 5/04/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.