UFC213:セミファイナルでミドル級暫定王座決定戦/コーディ・ガーブラント vs TJ・ディラショー正式にキャンセル/

Robert Whittaker - Instagram
UFC213「ヨエル・ロメロ vs ロバート・ウィテカー」でミドル級暫定王座決定戦

ESPNのブレット・オカモトはデイナ・ホワイトがUFC213でヨエル・ロメロとロバート・ウィテカーの間でミドル級の暫定王座決定戦を行う事を明らかにしたとTweetしています。

可哀想なジャカレイ・ソウザにゲガール・ムサシ。ソウザはあともう一歩の所でいつも負けてしまいますが、ムサシが選ばれなかったのは契約交渉中だからでしょうか? ムサシにとっては最悪なタイミングで暫定王座戦が決まってしまいました。

ミドル級階級変更以降のウィテカーは絶好調で7連勝中。最近ではソウザをTKOで破っています。最後に負けたのはウェルター級時代の2014年でスティーブン・トンプソンにTKO負けを喫しています。UFC通算9勝2敗の成績です。

一方のロメロは更に凄く2011年以来負けなしで特にUFCに登場してからは8勝0敗の成績です。直近では元世界チャンピオンを3試合連続で相手していますが、ソウザ(元Strikeforce世界ミドル級王者)以外の2試合のリョート・マチダ(元UFC世界ライトヘビー級王者)とクリス・ワイドマン(元UFC世界ミドル級王者)戦では相手をノックアウトして勝利しています。

Demetrious Johnson vs. T.J. Dillashaw Targeted For August; Divisional Chaos Ensues
コーディ・ガーブラント vs TJ・ディラショー戦が正式にキャンセル

またESPNのブレット・オカモトによると、デイナはコーディ・ガーブラント vs TJ・ディラショー戦が正式にキャンセルされたことを伝え、デメトリアス・ジョンソン vs TJ戦を8月に開催する計画があることを明らかにしています。

その一方でランキングシステムを尊重するUFC世界フライ級王者のDJは、レイ・ボーグと試合契約を締結する事に意欲を示しており、TJ戦の可能性について聞かれた際には、俺はボーグとの試合の話でそれどころではないと一蹴していました。

これに対してファンは誰もボーグとの試合なんて観たくないと批判していましたが、果たしてUFCはどうDJを説得しにいくのか。ボーグには次期挑戦権を確約させて先にTJ挑戦となるでしょうか?

しかしDJ vs TJ戦を開催するうえで2つの懸念点が

1. TJがDJに勝利しコーディの怪我が秋までに治癒した場合、チャンピオン vs チャンピオンが行われる可能性があります。そうなるとフライ級以外のファイターばかりがフライ級のタイトルマッチに挑戦する事になりミドル級のようなカオスが起きる可能性があります。

2. 一方でDJ vs TJ戦が開催された場合、例えコーディのコンディションが秋頃までには復活していたとしても、コーディとTJが戦うには冬頃まで待つ必要があります。コーディはTJと勝負する為に冬まで待つ気があるのか? それとも待たずにドミニク・クルーズなど他のバンタム級ファイターと戦う事を選択するのか? もしコーディ vs TJ戦を失ってしまうとバンタム級で一番お金が稼げる試合を失ってしまう事になります。
UFC213:セミファイナルでミドル級暫定王座決定戦/コーディ・ガーブラント vs TJ・ディラショー正式にキャンセル/ UFC213:セミファイナルでミドル級暫定王座決定戦/コーディ・ガーブラント vs TJ・ディラショー正式にキャンセル/ Reviewed by Hideki Azul on 5/24/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.