マイケル・ビスピン「チャック・リデルは1億円の契約を失ってかなりUFCにブチ切れていたからBellatorに行くのも時間の問題だ。」



UFCホール・オブ・フェイマーで元UFC世界ライトヘビー級王者のチャック・リデル、2010年のリッチ・フランクリン戦を最後に引退をしていますが、先日もしかすると現役に復帰するかもしれないと復帰への思いを吐露していました。

そんな中、現UFC世界ミドル級王者のマイケル・ビスピンはチャックとUFCの関係について、UFCがチャックを解雇にしたことでチャックはUFCに対して相当不満が溜まっているようだと語っています。

「チャック・リデルがUFCに対してかなりブチ切れているという事を聞いた。彼は引退後UFCから最高の契約を持ち掛けられ、これまでUFC大使として活動してきていたが、その年俸は1億円だったと聞いている。

しかしそんな生活も昨年UFCがWME-IMGに買収された事で全てが変わってしまった。チャックはUFCから解雇された事に相当怒り狂っているから、Bellatorに行く可能性は十分ある。

現役に復帰するべきかどうかと言えば、彼は引退したままでいるべきだが、彼がティト・オーティズと戦うことが出来るかどうかで言えば、チャックが今のティトとやりあうことは可能だろう。」

http://www.bloodyelbow.com/2017/6/12/15780984/michael-bisping-i-hear-chuck-liddell-pissed-after-losing-1m-a-year-ufc-job-so-he-may-go-to-bellator
マイケル・ビスピン「チャック・リデルは1億円の契約を失ってかなりUFCにブチ切れていたからBellatorに行くのも時間の問題だ。」 マイケル・ビスピン「チャック・リデルは1億円の契約を失ってかなりUFCにブチ切れていたからBellatorに行くのも時間の問題だ。」 Reviewed by Hideki Azul on 6/13/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.