ビクトー・ベウフォート「ネイト・マーコートがどうしても俺とリマッチをしたいというなら喜んで受けて立つ。今度は中立性を保てる場所でやろう。」➡ブラジル、アメリカ以外だと....日本!? それともヨーロッパ?



「ビクトー・ベウフォート戦で勝利していたのは俺だ、アメリカでのリマッチを希望する」と語っていたネイト・マーコートですが、これに対してヴィトーが中立性を保てるところであればリマッチに応じる考えを持っている事を明らかにしました。

「ネイトの事はファイターとして尊敬しているが、負けて言い訳するのはどうかと思う。決してブラジルだったから判定が俺に有利に働いたわけではない。どこで戦っていようが結果は同じだった。

ただどうしても俺とリマッチをしたいというなら喜んで受けて立つ。今度は中立性を保てる場所でやろう。ホームアドバンテージへの文句もなくなるはずだ。ただ次回また判定まで試合がもつれるなんてことは考えないほうが良い。」

ちなみにネイトはヴィトー戦の後、

「改めて試合を観直してみたが俺の勝利で間違いはなかった。いくつか良いパンチもあったが、それ以外にダメージらしいものはなかった。ただファンがヴィトーが攻撃するたびに歓声をあげていたから、ヴィトーの攻撃がさも有効的かのように見えたのかもしれない。アメリカの格闘技サイトだけは俺の方が優勢だったと伝えていた。俺はヴィトーと良く戦ったと思うし、試合中は俺の方がよりヴィトーらしい戦い方をしていると思っていた位だ。」

と語っていました。

http://www.mmafighting.com/2017/6/11/15779458/vitor-belfort-open-rematch-nate-marquardt-neutral-ground-ufc
ビクトー・ベウフォート「ネイト・マーコートがどうしても俺とリマッチをしたいというなら喜んで受けて立つ。今度は中立性を保てる場所でやろう。」➡ブラジル、アメリカ以外だと....日本!? それともヨーロッパ? ビクトー・ベウフォート「ネイト・マーコートがどうしても俺とリマッチをしたいというなら喜んで受けて立つ。今度は中立性を保てる場所でやろう。」➡ブラジル、アメリカ以外だと....日本!? それともヨーロッパ? Reviewed by Hideki Azul on 6/13/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.