カリフォルニア州のアスレチック・コミッションはヘナン・バラオがバンタム級で戦うことを認めず

「renan barao weight cut」の画像検索結果

カリフォルニア州のアスレチック・コミッションはヘナン・バラオがバンタム級(135パウンド)で戦うことを認めず、少なくとも140パウンド以上で戦うことを要求している事が明らかにされました。

カリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)によると、

「前回ヘナン・バラオ氏がカリフォルニア州で戦った際に、彼は計量に失敗しかつ試合を欠場している。我々がは医師らと検討した結果、健康面の安全を考え彼は140パウンド以上で戦うべきだとの判断に至った。」

CSACはファイターがどれくらい減量出来るのかを制限できるようにルールを改定しており、UFC214は新ルールが初めて適用される大会となります。

そしてバラオはCSACの新ルールが適用された最初のファイターということになります。

これに対して対戦相手のアルジャメイン・スターリングは、

「CSACはバラオの減量の手助けをしているようだ。ただ俺はバンタム、フェザー、キャッチウェイトどの階級だろうが、バラオの顔に肘のパウンドをお見舞いするだけだ。」

そして珍しくバラオがこのコメントに反論。

「おお。腰抜けの嘘つき野郎。俺はバンタム級で戦うつもりだったが、CSACが強制的に俺を140パウンドで戦わせたいだけだ。どちらにせよ俺はお前をぶっ倒す。

ショーン・シェルビー(UFCマッチマイカー)には7月22日のUFCニューヨーク大会で戦えるかどうかの相談を持ち掛けた。ただお前は140パウンドで戦う事でファイトマネーの増額を希望したらしいな。男だったらさっさと契約書にサインしてカリフォルニアで俺と戦え。」

http://mmaimports.com/2017/06/california-bans-renan-barao-from-cutting-down-to-135-in-upcoming-bout/
カリフォルニア州のアスレチック・コミッションはヘナン・バラオがバンタム級で戦うことを認めず カリフォルニア州のアスレチック・コミッションはヘナン・バラオがバンタム級で戦うことを認めず Reviewed by Hideki Azul on 6/29/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.