ジョゼ・アルドのコーチ「ジョゼ・アルドが蹴りを使えなかったのは怪我をしていたからだ。」←アメリカのファン「嘘つけ。俺はアルドが蹴りの練習をしていたのをみている。」さて真相は

「Jose Aldo」の画像検索結果

ジョゼ・アルドのコーチ

「多くの人からなぜ一度もキックを使わなかったのかと聞かれるが、アルドには蹴る事が出来ない理由があった。彼は怪我をしていてトレーニングキャンプ中は走る事も含めて足を使った練習が出来ない状態だった。

試合中に幾度となくファンからアルドにキックを使うように伝えろという声が届いていたが、我々はアルドの怪我の状態を知っていたから、とにかく蹴りを封印した中でどうやって勝機を見出すかについてばかり考えていた。もしアルドが蹴りを試合で取り入れていたら、怪我の状態はさらに深刻なものになり、筋肉を断裂していたかもしれない。」

大会前の公開ワークアウトでは何度も蹴りも見せていましたが本当なのでしょうか?

少なくとも3月のトレーニングキャンプでは蹴りの練習も公開していましたし、5月には階段ダッシュのトレーニングも公開しています。

そもそも最近の試合では殆どキックを使っていませんでしたし、以前アルドはボクシングの試合に出たいと言っていた位ボクシングの技術には自信を持っています。

ちなみにアルドがキックを放つ回数は以前に比べ大幅に減少しており、以前は攻撃の22%以上がキックによるものでしたが、最近5試合では10%以下に、スタイル的に蹴りやすかったリカルド戦を除けば4%以下にまで減少していました。

マーク・ホーミニック    18/94
ケニー・フロリアン    8/51
チャド・メンデス    4/11
フランキー・エドガー    9/76
コリアン・ゾンビ    1/32
リカルド・ラマス    20/62
チャド・メンデス2     6/102
コナー・マクレガー    0/1
フランキー・エドガー2    4/80
マックス・ホロウェイ    1/55

キックがヒットした回数/パンチやキックなどの攻撃がヒットした回数

josealdojunioroficialさん(@josealdojunioroficial)がシェアした投稿 -

http://www.foxsports.com/ufc/story/coach-reveals-why-jose-aldo-didnt-throw-leg-kicks-at-max-holloway-during-ufc-212-061317
ジョゼ・アルドのコーチ「ジョゼ・アルドが蹴りを使えなかったのは怪我をしていたからだ。」←アメリカのファン「嘘つけ。俺はアルドが蹴りの練習をしていたのをみている。」さて真相は ジョゼ・アルドのコーチ「ジョゼ・アルドが蹴りを使えなかったのは怪我をしていたからだ。」←アメリカのファン「嘘つけ。俺はアルドが蹴りの練習をしていたのをみている。」さて真相は Reviewed by Hideki Azul on 6/14/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.