タイロン・ウッドリー「デミアン・マイアと戦うことは問題ないが、俺はスーパーファイトの希望も捨てていない。」

Welterweight champion Tyron Woodley at the early weigh-ins

ファイターとしてだけではなくFOX SPORTSの番組の中で解説者としても活躍しているUFC世界ウェルター級王者のタイロン・ウッドリー。

「解説者として働くことで様々な角度からこのスポーツを見ることが出来ている。今までとはまた違った角度で対戦相手の研究が出来るようになった。」

次回はNo.1タイトルコンテンダーのデミアン・マイアとの対戦が噂されていますが、未だに時期など具体的な事は決まっていないようです。

「次はデミアン・マイアになるんだろうけど、何も具体的な事は決まっていない。だからもしマイアが少し休暇に時間を充てたいと思っているなら、どうかバケーションを楽しんでくれ。他の相手と戦うだけだ。俺はもっとネームバリューのある相手と戦いたい。

それにタイトルマッチの詳細を決めるのはお前じゃない。チャンピオンの俺だ。タイトルマッチが喉から手が出る程欲しかったんだろう。だったらいつでも戦える用意をしておかなければならない。休暇なんてもってのほかだ。

GSPは史上最高のウェルター級チャンピオンだが、今は俺がチャンピオンの座に君臨している。彼との対戦には興味がある。GSPの他にはニック・ディアスなんて最高だ。彼はこのスポーツで長年に渡って結果を残してきたし、今でもトップ5ファイターだと思っている。

この世界には2通りのベルトの防衛の仕方がある。ひとつはランキングNo.1を相手にベルトを防衛する方法だ。もうひとつはコナー・マクレガーのようにスーパーファイトを選択する方法だ。コナー、マイケル・ビスピンにGSP、皆スーパーファイトを選択している。大金を稼ぐことが出来るからスーパーファイトを希望しないなんて言ったら嘘になってしまう。デミアン・マイアと戦うことには問題ないが、俺はスーパーファイトの希望も捨てていない。」

http://www.newsday.com/sports/mixed-martial-arts/ufc-champion-tyron-woodley-eyeing-legacy-fights-in-addition-to-demian-maia-title-defense-1.13710119
タイロン・ウッドリー「デミアン・マイアと戦うことは問題ないが、俺はスーパーファイトの希望も捨てていない。」 タイロン・ウッドリー「デミアン・マイアと戦うことは問題ないが、俺はスーパーファイトの希望も捨てていない。」 Reviewed by Hideki Azul on 6/09/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.