現ONE世界ウェルター級王者ベン・アスクレン「もし団体の垣根を越えて試合をするならローリー・マクドナルドやロレンズ・ラーキンと戦いたい。今さらリマやコレシュコフと戦うことに興味はない。」

Ben Askren Applauds Demetrious Johnson, Rips UFC Tactics

元Bellator世界ウェルター級王者で現ONE世界ウェルター級王者のベン・アスクレンがBellator180大会を前にインタビューを受けていました。

今でもあなたが真のBellator世界ウェルター級王者ですよねという質問に対しては、

「俺は一度もベルトを奪われていないし、厳密にいえば俺が未だにチャンピオンのままだ。ただファンは誰が最強のウェルター級ファイターなのかいまだに解からないらしい。

俺はドゥグラス・リマ、アンドレイ・コレシュコフと合計43分間戦った。彼らに1分たりとして負けた時間などなかった。いわば俺は彼らに対して43勝0敗だ。

彼らがいくらファイターとして成長した姿をみせたところで、俺に勝てるチャンスはゼロパーセントだ。俺を目の前にすれば彼らのレベルはまるでアマチュアレベルのようにみえてしまう。」

最近では団体の垣根を飛び越えた戦いが期待されており、例えばONE世界女子アトム級王者のアンジェラ・リーは現UFC世界女子ストロー級王者のヨアナ・イェンジェイチックとの対戦をアピールしています。

「もし団体の垣根を越えて試合をするならローリーかロレンズ・ラーキンと戦いたい。今さらリマやコレシュコフと戦うことに興味はない。それに俺は昔からローリー・マクドナルドと戦いたいと言ってきた。UFCに移籍する事を考えていた時に俺はローリーとタダで戦ってもいいと言ったことがある。それがベルトへの道だと思ったからだ。ローリーは俺の敵ではない。」

この時はローリーと共にロレンズ・ラーキンとの対戦にも興味を示していましたが、果たして今でも興味はあるのでしょうか。

ウェルター級最強を語るうえで外せないのがジョルジュ・サンピエールですが、アスクレンはGSPをどう思っているのか?

「正直俺はジョージが最強のウェルター級ファイターだとは信じていない。でももしアジアの団体に興味があるならシンガポールは良い所だ。俺相手では散々な夜を過ごすことになるだろうが、ジョージはアジアでも熱烈な歓迎を受けるだろう。

彼は復帰に向けて頑張っているようだが、なかなか状況が進展しないのはジョージがデイナ・ホワイトを究極に嫌っているからじゃないか。こんなことはもしかしたら公になっていないのかもしれないが、ジョージはデイナが大嫌いだ。」

http://www.flocombat.com/article/58083-ben-askren-i-d-love-to-see-gsp-inside-the-cage
現ONE世界ウェルター級王者ベン・アスクレン「もし団体の垣根を越えて試合をするならローリー・マクドナルドやロレンズ・ラーキンと戦いたい。今さらリマやコレシュコフと戦うことに興味はない。」 現ONE世界ウェルター級王者ベン・アスクレン「もし団体の垣根を越えて試合をするならローリー・マクドナルドやロレンズ・ラーキンと戦いたい。今さらリマやコレシュコフと戦うことに興味はない。」 Reviewed by Hideki Azul on 6/27/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.