アル・アイアキンタがUFC214でギルバート・メレンデスとの対戦を要求 ファンの反応は?

「Al Iaquinta gilbert」の画像検索結果

アル・アイアキンタ(ライト級11位)がギルバート・メレンデス(ライト級14位)に対して、
「ギルバート・メレンデスに対しては尊敬の念しかないが、彼は俺に借りがあるはずだ。7月29日(UFC214)俺たちで試合をしないか?」とTweet。

2015年に両者は戦うことが決まっていましたが、ギルバートがドーピング違反で1年間の出場停止を課せられた為試合はキャンセルされていました。

しかしこれに真っ先に反応を示したのがエヴァン・ダナム(ライト級13位)。エヴァンはアルに対して、以下のイメージと共にRetweet。

「直近5試合で1勝4敗の男と戦いたいだと。俺との試合が一番現実的な試合だ。俺を倒して初めてトップ10と言えるはずだ。」


ただファンのエヴァン vs アル戦への反応はかなり冷たく、

「アルが勝つに決まっている。」

「なんで誰もハビブ・ヌルマゴメドフに対戦要求しないんだ。」←(まだ復帰時期の目途が立っていません)

「お前の試合は判定ばかりでつまらない。」

などネガティブな意見が目立ちます。

また「エディソン・バルボーサはいつ試合が決まったんだ。俺はアルとの試合が観たい。」という意見もありました。

ちなみにライト級13位のエヴァンの横にはライト級No.1のストライカーだというコメントがありますが、事実ライト級では一番相手に攻撃を喰らわせています。

またアル vs ギルバート戦についてのファンの反応は、

「ホルヘ・マスヴィダルとのリマッチが観たい。」

「なぜギルバートなんだ。ランクを上げたくないのか?」

「今のギルバートはフェザー級だろ。」

「マイク・ペリー戦を観たい。」

などこちらも否定的な意見が多数です。

ただ先日アルはマイク・ペリー戦についてマネージャーから断られたとTweetしているのでこちらも実現の可能性は低そうです。

トニー・ファーガソンに断られ、マイク・ペリーに断られ、果たしてアルが次に対戦するのは誰になるのか?
アル・アイアキンタがUFC214でギルバート・メレンデスとの対戦を要求 ファンの反応は? アル・アイアキンタがUFC214でギルバート・メレンデスとの対戦を要求 ファンの反応は? Reviewed by Hideki Azul on 6/12/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.