ヨアナ・イェンジェイチックがUFC213でアマンダ・ヌネスの代役に名乗りをあげた件について 「ヴァレンティーナ・シェフチェンコにリベンジを果たしたかったからではなく大会を救いたいという一心からだった。しかし私が勝つチャンスは限りなくゼロに近かっただろう。」



UFC213でアマンダ・ヌネスの代役として名乗りを挙げた件について

「別にヴァレンティーナ・シェフチェンコにムエタイ時代のリベンジを果たしたかったから名乗りをあげたわけではない。単純に大会を救いたいという思いからだった。

しかしヴァレンティーナとUFC213で戦うことになったとしても、私が勝つチャンスは限りなくゼロに近かっただろう。ただ私は勝敗に関わらずヴァレンティーナとの勝負を楽しみたかったし、彼女は将来必ずUFCチャンピオンになる存在だと思っている。今回は願いが叶うことはなかったが近い将来ヴァレンティーナと戦っている可能性は十分にある。」

次戦について

「昨年UFCが初めてNYで興行を開催した記念すべきマディソン・スクエア・ガーデン(MSG)大会に出場する事が出来たが、今年も(11月)MSG大会に出場したいと思っている。

次の相手は十中八九ローズ・ナマユナスになるだろう。ローズは次の挑戦者に相応しいと思うし彼女も将来のUFCチャンピオン候補だと思っている。」

https://www.fightersonlymag.com/latest-news/jedrzejczyk-80-sure-its-thug-rose-at-msg-next/
ヨアナ・イェンジェイチックがUFC213でアマンダ・ヌネスの代役に名乗りをあげた件について 「ヴァレンティーナ・シェフチェンコにリベンジを果たしたかったからではなく大会を救いたいという一心からだった。しかし私が勝つチャンスは限りなくゼロに近かっただろう。」 ヨアナ・イェンジェイチックがUFC213でアマンダ・ヌネスの代役に名乗りをあげた件について 「ヴァレンティーナ・シェフチェンコにリベンジを果たしたかったからではなく大会を救いたいという一心からだった。しかし私が勝つチャンスは限りなくゼロに近かっただろう。」 Reviewed by Hideki Azul on 7/22/2017 Rating: 5
Powered by Blogger.